スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アヒルと鴨のコインロッカー 

★★★★★
 間違いなく楽しめる一冊。
アヒルと鴨のコインロッカー アヒルと鴨のコインロッカー
伊坂 幸太郎 (2006/12/21)
東京創元社
この商品の詳細を見る

伊坂 幸太郎のいちばんの魅力。それは、文章の疾走感だと勝手に思っている。
自慢じゃないが、僕は読書が遅い。マルドゥック・ヴェロシティ(約350頁)を読むのに3時間かかるくらいだからね。「アヒルと鴨のコインロッカー」は約370頁。こりゃ3時間コースか。そう思った。
ところが、だ。片道約25分の通勤列車内でよんでたんだけど、2往復半で読了しちゃった。英語の勉強もしながらだったから、実質は1時間半くらいか。僕にしちゃ、おそろしく早いタイム。物語と一緒にどんどんスピードを上げて突っ走ったんだ(兎じゃなくて、亀のペースだけれども)。

この疾走感の秘訣は、なんといっても、複雑に張り巡らされていく伏線と、それが最後の最後でパタパタと音を立てるかのようにつながる瞬間にある。さすがは「このミステリーがすごい!2005年」の第2位の作品だ。
ただ、本書のトーンは非常に抑えられている。言ってしまえば地味。たとえば陽気なギャングが地球を回す重力ピエロの読者には、いわばショーの観客としてのおもてなしが用意されている。対して、本書の読者は終始傍観者的な立場を強いられる。ラストも爽快感は無い。だけど、僕はそこに、他の伊坂作品には無い滋味を感じたんですな。
人と人の間には埋めがたい溝がある。私たちは自分が生きることに精一杯で、どう足掻いても、真に他人に共感することは出来ない。でも、そこにから逆説的に、ちょっとした好奇心や共通点が、かけがえの無いきらきらした存在になるんじゃないかな。そして、きっと僕らはそれでも十分なんだ。
スポンサーサイト

Melancholy of Haruhi Suzumiya 



今号のダ・ヴィンチの特集にこんなのが。
「涼宮ハルヒが微笑むと世界が輝く」
はて「涼宮ハルヒ」?と調べてみると、どーやらすごいアニメらしい。
エヴァンゲリオン以来の。
で、You Tubeでちょこっと見てみた
うん、こりゃあ、確かに面白いや。

まあ、いまさら普通にアニメ動画を紹介するのもどーかなって気もするので、The Veronicas(オーストラリアのガールズ・デュオ。ちょっとセクシーなTA.Tuっって感じもするかも(苦笑))の4Everに合わせて作成されたPV風の作品を。You Tubeでたまたま見つけたんだけど、これ、かなりかっこいいね。ていううか、涼宮ハルヒ云々より、このThe Veronicasを紹介したかっただけです・・・
The Veronicas + 涼宮ハルヒ

The Veronicas"4Ever"

デトロイト・メタル・シティ 

デトロイト・メタル・シティ 1 (1) デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
若杉 公徳 (2006/05/29)
白泉社
この商品の詳細を見る

2007年一発目のぶっくれびゅー。
冬休みの課題本のひとつとして選んだのが、各所で激賞されている(例えばココアソコ)「DMC」である。(おそらく)世界初のデスメタル・ギャグ漫画だ(これを新年の一発目のレビューに選ぶ自分はどうかしているのは確か)。
普段はカヒミカリィ好きの、マッシュルームカットななよなよ童貞男・根岸。そんな彼が、額に「殺」の字を書き入れた瞬間、デスメタル界の頂点に君臨せんとする最強バンド、デトロイト・メタル・シティのVo.&Gである「クラウザーⅡ世」と化す!そして、名台詞「SATSUGAIせよ!」、「1秒間に10回レイプ発言」、「FUCKの発音がネイティブより上手い」etc..ファッキンなファンと共にとんでもない伝説が紡ぎだされていく。本当はスフレンチ・ポップのバンドがしたい、本心とは真逆の展開にはまり続ける根岸の苦労に・・・とにかく笑える!こいつぁは間違いなく面白いゾ!!続きを読む

のだめカンタービレ 


「なにをいまさら」という感じだが、すこしまじめに思うところがあったので、メモしておく。ちなみに、あんまり本編とは関係ない。面白くもない。

この作品の主人公、のだめと千秋は共に天才的な存在だ。
彼らが織り成すドタバタと圧巻の音楽シーンのギャップ。
これが本書の魅力であることは間違いない。

しかし、僕自身がゆさぶられたのは、むしろ、のだめや千秋に圧倒される「普通のひと」たちの存在である。

好きなこと、楽しいことをして食っていくのはとんでもなく難しい

1~9巻の舞台は、音大で、しかも、描写を見る限りではかなりの上位クラスの学校のようだ。でも、そこの学生だからといって、音楽でメシを食えるのはほ~んの一握り。彼らは、普通の大学生のようにへらへらしているわけではなく、それなりに真剣に音楽の勉強をし、楽器のレッスンをして4年間過ごしているに違いない。それでも、プロフェッショナルへの道は、ものすご~く細く険しい。あくまで漫画はコミカルに描かれているものの、その厳しさはびしびし伝わってくる(例えば6巻、8巻)。
でも、彼らはその現実を受け入れ、決して大きいとはいえない可能性を追い求め、音楽に打ち込む。その姿にグッときた。

翻って自分を見ると、

俺、なにやってんだろう?

てなるわけで。仕事がつまらないと文句を言い、そんな自分に嫌気がさしたり落ち込んだり。そんなことしてる場合か?明日が見えないのは皆同じじゃないか。

ヨコハマ買い出し紀行 

「ロボットのひと」で、
カフェのオーナーであるアルファさんが、
世界が終末にゆっくり近づいていて

のちに夕凪の時代と呼ばれるてろてろの時間 つかの間のひととき

をゆっくりと見て歩きながら、
様々な人たちと交流していく様を描く。
漫画というよりは詩のような作品だ。

登場人物は皆、肩肘の力が抜けていて、
かつ素朴でどこかシャイで善良で、とっても愛らしい。
また、何といっても、風景の描写が秀逸だ。
スクリーントーンを使わずに線だけでシンプルに表現された、
海や山、そして街。

一見ほのぼのした雰囲気ながら、
世界が少しづつ確実に終りに近づいていること、
主人公アルファが人間と違い年をとらないロボットであること
が意識されるとき。ふと寂しさに似た感情が込み上げる。
地味だけど、複雑な味わいなのだ。

マイ・ベスト漫画が、ついに完結してしまった。。
ヨコハマ買い出し紀行 (14) ヨコハマ買い出し紀行 (14)
芦奈野 ひとし (2006/05/23)
講談社
この商品の詳細を見る

陽気なギャングの日常と襲撃 

「陽気なギャングが地球を回す」の続編。

前作の魅力が張り巡らされた伏線が展開するときの疾走感だとすると、
今作の魅力はさらに磨きのかかった台詞回しかな。
お洒落に犯罪をやってのけたかと思うと人のために義賊となる、
彼らは現代版「ルパン三世」といえるかもしれない。

ロマンはここに。文句なく面白いです。
BGMにはcymbals"Highway Star,Speed Star" を。


さくらん 

安野モヨコのベスト漫画(ヴィレッジ・ヴァンガード神保町店)、「さくらん」が映画化されるとのこと。
これは、観ないと。
土屋アンナはイメージにぴったりだし、蜷川実花監督というのも期待大。写真と同じように、鮮烈でポップな色彩感覚を存分に発揮してほしいもんだ。
ソフィア・コッポラみたいな存在になってほしいな。

2007年春公開予定 配給:アスミック・エース~
出席者:土屋アンナ、安藤政信、椎名桔平、木村佳乃、菅野美穂、美波、夏木マリ、石橋蓮司、市川左團次、蜷川実花(監督)

http://headlines.yahoo.co.jp/video_gallery/showbizzy_interview/g060531.html

僕は勉強ができない 

読もう読もうと思って読んでなかった山田詠美をようやく。
軽く洗練された文体は僕好み。
もっと早く読んでおけばよかったかな。

最高にかっこいいと思った表現をメモしておく。
 「おじいちゃん、うちって貧乏だね」
 「ふん、貧乏ごっこをしているだけだ」
 「それを一生続けるのを貧乏って言うんだぜ」

Bonjour Bonshanfarm 

MOLEのオーナーがメンバーに名を連ねるバンド、Softの傑作アルバム。
音響系というのかな?揺らぎと重厚感がとにかくカッコいい。


スラムダンク第2部 

作者は井上雄彦ではないが、
スラムダンクの続きが始まっていた模様(^ー^)

http://blog.livedoor.jp/jungle123/

東京タワー 

生まれて初めて嗚咽しながら読んだ本。

いらんこと張り合う必要はないのだけれど。
僕のオカンは、リリーさんのオカンに負けないくらい、いい女だ。
僕は、リリーさんに負けないくらい、オカンが好きだ。
こういうことを思える自分は悪くないね。



東京奇譚集  

次の長編に向けたストレッチなんだろうな。凄みはないけれど、空気感や文体はじゅうぶん楽しめる。

海辺のカフカ  

すんばらしい。海外での評価もすごく高いみたい。

国境の南、太陽の西  

村上春樹の本は全て読んだけれど、マイ・フェイバレットはこれ。ものすごく繊細で切ない。英語版の訳も完璧。春樹の世界をうまく置き換えている。これを読んで以来、好きな子は呼び捨てやあだ名でなくて、「00さん」と呼ぶようになった。

ノルウェイの森 

ここから私はハルキマニアになった。
せつなすぎて、読むと死にたくなる。でも読まずにはいられない。
でも、初めて呼んだ中学生のときには、まだうぶで、たんなるエロ小説にしか思えなかった。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。