スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日の気になる 

飲酒事故加害者に3億円賠償命令 家族が独自に証拠集め
(この事件は民事なのでちょっと文脈とは違うが)飲酒運転に対する厳しい制裁は、飲酒すると注意力が散漫になったり無茶な運転をすることが明らかなのにあえて飲んだ、というところに求められるのだろう。
ところで、自動車事故のほとんどは、まあ、なんらかの原因により運転から注意がそれたことによるミスから生じるといえるだろう。注意をそらす要因であってあらかじめ予測可能なものとして、運転中に大音量で音楽を聴く、カーナビを見る、ケータイをいじる、スピードの出やすい改造をする、都心でスポーツカーに乗る・・・いろいろあると思う。
なぜ飲酒だけを厳罰の対象とするのか。
飲酒運転の被害者の遺族、わき見運転による事故の被害者の遺族、やるせなさはかわらないのではないか。飲酒だけがクローズアップされるのか、車に乗ることそのものが見直されるようになるのか。

監査法人への出資、会計士以外でも・金融庁が解禁検討

その監査法人で業務に就く場合には出資を認める方向。閉鎖的な体質が粉飾決算を見逃す原因との批判を踏まえ、監査法人の経営に会計士以外の意見やノウハウを反映しやすくする。

パートナーのなり手はいるのか?監査法人内弁護士や、IT責任者なんかを想定しているのかしら。けっこーリスクは拡大しているけれども。リスクといってもまあ、上場大企業の役員よりはましか。

マイクロソフト、登録なしで行政手続き・「電子政府」後押し

転居届や婚姻届などをネット上で手続きする際に必要となる「電子証明書」を政府に代わってパソコン利用者に配信する

電子証明書が普及したとしても、手続自体のわかりずらさ、迂遠さが電子政府化のボトルネックとなっている限り、状況はかわらないんじゃないかな。

東京大気汚染訴訟、都がメーカー側に「患者救済」提案

高校教諭刺殺、卒業後の指導も公務…労災認定請求へ

公取委の審判記録、2審も開示認める・東京高裁

福島知事、辞職を表明 実弟逮捕で引責

戸籍謄本の交付ミス 千葉市課長が自腹で「解決金」
スポンサーサイト

[2006/09/29 00:46] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

今日の気になる 

シャープ、社債で2000億円調達 液晶製造を増強
社債で2000億円。強気だなあ。

大学発ベンチャーの成長踊り場、黒字54%に減少・日経調査 調

査は日経リサーチの協力で、技術や人材などの面で大学が母体とみられる企業1080社に調査票を郵送、251社から回答を得た。回収率は23.2%。


ベンチャーで半分も黒字というのが驚き。まあ、回答しなかった8割の企業の大半が赤字の可能性もある。補助金なんかも入るのだろうね。

買収ファンド、日本特化型5000億円突破へ

地震保険料、「免震」建物なら3割引きに
そろそろ周期的に怖いな、東京は。

瓶は洗ってまた使う・経産省が容リ法の省令改正案

経済産業省は容器包装リサイクル法の省令改正案の原案をまとめた。ビール瓶などガラス瓶のリサイクルについて、建材やガラス製品への再資源化から、洗浄して何度も同じ瓶を使用する再使用に軸足を移す。


いい試みではないすか。

[2006/09/28 01:27] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

最近の悩み 

・プロジェクト管理能力
・コミュニケーション能力

・法務の仕事におけるお客様は誰なのか?誰のために仕事をしているのか?自分の仕事の結果を喜んでくれる人はいるのだろうか?
・仕事において何を目指すのか?
・このままで本当に、時代を生き抜く競争力が養われるのか?

・ひげが濃くなった

・すこしぷよった

・俺、もしかして臭くね?(^-^;)
[2006/09/28 01:01] お仕事 | TB(2) | CM(0)

今日の気になる 

ソフトバンク、携帯事業を証券化・1兆4500億円調達
1兆円の契約か。
法務担当者として、こういう仕事には憧れるなあ。

特許、出願優先に統一へ・米が転換、主要41カ国大筋合意

11月に東京で開催する各国特許庁の長官級会合で条文の正式合意を目指す。最短で来年にも開く会議で各国は条約を採択する見通しだ。

米国も、ついに、か。時代は変わるものだ。

西日本高速、ファミリー企業“1社入札”8割
福島談合、知事の弟ら3人逮捕…東京地検
談合は民間が叩かれるが、本当に悪いのは行政のほうなんだろうなあ。
勤務先の関連会社は、この弟さんから不自然なほど大量のお買い物をしているそうである。

「飲酒運転しない」全職員から宣誓書…東京・荒川区
さて効果のほどは?

[2006/09/27 01:02] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

今日の気になる 

トレーサビリティー山形でも未稼働 補助金2億円無駄に

農産品販売先の生協と調整がつかないことなどを理由に、一部の機材で試験運用を行っただけという。

勤務先もこういったトレーサビリティ事業には参入していて、もしかするとこの記事の機材を供給しているかもしれない。
最近、こういった国の補助金がうまく回っていないという記事をよく見かける気がする。もはや、国の助成で民需を刺激するなんてやり方は通用しないのかも。メーカーとしても、うまいマーケティング手法を編み出さないと。といっているうちに、新たな「補助金事業」が・・・
省エネ住宅建設、補助金を倍増・経産省

アコム、ローン遅延金を高利で請求

 消費者金融大手のアコムが、地方銀行などと提携した個人ローンの延滞者に対し、消費者契約法が定めた上限(年14.6%)を上回る利率の遅延損害金を請求していることがわかった。
 アコムは遅延損害金の利率引き下げも含めてローン契約の見直しを検討する。
 提携ローンは地銀が年15%前後で貸し出し、アコムが元利払いを保証する。返済が滞るとアコムが肩代わりして地銀に支払い、その後に借り手から回収する。アコムは地銀に肩代わりした金額に加えて、日数に応じた遅延損害金を借り手に請求している。
 利息制限法では年29.2%までの遅延損害金が認められており、アコムはスルガ銀行、広島銀行、DCキャッシュワンなど10社との提携ローンで年17―26%程度の利率を適用している。
 だが東京高裁は2004年、保証契約の遅延損害金の利率は利息制限法ではなく消費者契約法を適用するとの判断を示している。

消費者金融の利息問題、いろいろ出てくるなあ~。
消費者としては、ローン契約の金利では支払わず、保証契約の債務を履行したほうがお得ってことになるのかな?

中古車238台を架空販売 大阪トヨタ自動車

 自動車販売大手の「大阪トヨタ自動車」(本社・大阪市福島区)が、社員や取引業者などに中古車を架空に販売し、販売台数を水増ししていたことが24日、わかった。中古車を営業店が所有しているにもかかわらず、社員や業者に販売したように見せかけて、国土交通省地方運輸支局などに社員らの名義で自動車登録をしていた。同社は「販売ノルマ達成のため、全11営業店で架空販売をしていた。電磁的公正証書原本不実記録罪に当たる可能性があり、深くおわびしたい」としている。
 同社は今年4月、社員の内部告発を受け、中古車の架空販売が行われていたことを把握。社内で調査を進め、近く運輸支局などに報告書を提出する。
 同社広報グループは「中古車の仕入れから販売まで、一括して営業店に任せていた。現在はすべての仕入れ車両を本社でチェックする方法に改め、再発防止に努めている」としている。

中古車仕入れの本社チェックだけでなく、そもそもの無茶なノルマ設定自体も見直す必要があるのではないか?公益通報者保護法に照らし、内部告発者が適切に保護されているのか、という点についても中止していく必要がある。
いまのところ、同社のHPには本件に関するコメントは掲載されていない。

日本最大のダム、貯水開始 水道・発電使えず矛盾も巨大

官製談合だったり、こういった原理原則の無い無駄事業だったり。。。国は、企業をコンサルタントに迎えて、戦略やコンプラを学ぶべきだ。利権について学ぶ前に。
やれやれ。こんなニュースも。
「予算の無駄」改善進まず、廃止は5事業どまり

成田空港会社に外資の出資規制・国交省検討

国際的な物流や旅客移動の最重要拠点で公共性が高いことから「外資による支配を防ぐ必要がある」と判断した。

「外資」というのをどう定義するのかしら。たとえば、過半数が外国人株主で占められている会社も外資に該当するのだとすると、オリックスやHOYAも外資?
てか、「公共性→外資NO」ってのもあまりに短絡的な発想。内資だろうが外資だろうが、大切なのは投資家による適切なチェック機能が発揮されるかどうかだろう。
「100%内資の」国や行政のほうがよっぽど公共性に反したことばかりやってるんじゃないか?あ、国はアメリカの子会社でしたっけ・・・

医療事故検証へ第三者機関設置・愛知のNPO

 愛知県内の大学教授や弁護士らでつくる特定非営利活動法人(NPO法人)の「日本医学歯学情報機構」(愛知県日進市)が、医療事故の際に第三者機関として、医療機関の責任の有無などを判定し、賠償額を算定する事業を来年4月から始めることが24日分かった。



金融庁、「交通違反補償」認めず・無認可共済廃業へ

金融庁が交通違反の反則金補償は「公序良俗に反する恐れがある」として認めない方針を示したため、協会は営業継続は困難と判断したとみられる

へ~、公序良俗ですか

[2006/09/26 00:50] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

旬彩料理&カフェ茶房 てん 

魚の美味しいお店

というリクエストを受けたことから、livedoorグルメでの評価が高かったこちらにお邪魔しました。
場所はすこし分かりにくいです。
予約して行ったのだけれど、通されたのはごく普通の席。となりとの仕切りもないし、ちょっとご不満。まあ、狭いので仕方ないか。
あと接客がちょっと・・・
つうわけで、本気でのデートには不向きかと。
ただ、騒がしい雰囲気ではないので、ゆったりお酒を堪能することはできる。適正価格なのも◎ネ。

ところで、肝心の魚なんだけど、特筆すべきこともないような?
オーダーしたものが悪かったのかもしれないが。(鱧と穴子と烏賊。ちょっと季節を外している感はあり・・)

ま、渋谷駅すぐ近くで割りと落ち着いて飲み食いできるということで、再訪の価値は十分にあるとおもった。こんどはしっかり旬の魚をいただこう。
[2006/09/24 01:20] 未分類 | TB(0) | CM(0)

今日の散財 

秋ですねえ。
少し肌寒くなってきました。
そんなとき、欲しいのは彼女、いや本音はともかくコートだ!

つうわけで、laluと並んで注目しているブランドgoroutaのPコートを購入。
55,000円也・・・うぅ、回収できるのかいな。
本blogをご覧になったお知り合いの皆さん、私が嬉々としてPコートを着ているところを見かけたら、是非突っ込みをよろしくお願い申し上げます。。。
それに、まだ九月だよ。早いよ。
こりゃあ、マッキントッシュのコートが流行り始めた次の年の8月に、古着屋で購入して以来の早業だなあ。
やれやれ、自分で言うのもなんだが、数寄者はこれだから困るわ。
[2006/09/24 01:07] 未分類 | TB(0) | CM(0)

今日の気になる 

事故情報、全製品で報告義務化へ メーカーに罰則も

 パロマ工業製の湯沸かし器による死亡事故など製品をめぐる事故が相次いだのを受け、経済産業省は22日、メーカーなどに死亡や重傷などの重大事故の報告を義務づけることを柱とする消費生活用製品安全法(消安法)改正案の概要を固めた。生活用製品を幅広く対象とし、事故再発の恐れが高い場合は商品名を公表する。報告義務に違反した場合は改善命令を出し、罰則も設ける方向だ。10月中に詳細を詰めて臨時国会に提出し、来年中の施行を目指す。
 報告対象は消費者が生活に使う全製品で、ただし個別の法律で規制されている自動車、船舶、食品、薬品などや業務用製品は対象外となる。報告義務があるのはメーカーや輸入業者。報告対象となる事故は、死亡、重傷、火災などの重大事故で、利用者が誤って使用したり故意に引き起こしたりした場合は除く。
 報告義務は、製品に欠陥があったかどうかは問わない方針。

なんかだこのごろ、また規制強化の兆しを感じるのは私だけでしょうか?商品名を公表する要件である「自己再発の恐れ」をどう評価するのか。公表情報が誤りだった場合には国に賠償請求することになるだろうが、勝ち目が薄い上に裁判が終わったときにはもはや取り返しがつかない状態になっているのではないか。重大事故をどう定義するのか。利用者の故意・過失に基づく事故とそうでない事故をどうやって報告期限内に切り分けるのか。

著作権「死後70年」要求――音楽や文芸など管理団体
この要求がナンセンスであることについては、白田先生の主張を参照。その論拠は、簡単に言えば、創作活動の奨励効果<保護期間延長により国民一般が被る不利益 である。まったく同感。

松本弁護団は「訴訟妨害」、高裁が来週にも処分請求へ
未曾有の大事件であったにもかかわらず、残ったのは後味の悪さだけだ。

恋人いる女性は32%、男性24% 「結婚したい」9割
頑張れ、俺。

米当局、三菱UFJ銀処分へ 「資金洗浄監視に不備」


[2006/09/23 15:20] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 

久しぶりの読書日記。この週は難しい本を読んでいることもあって、なかなか多読できていないが、ろじゃあさんが紹介されていたこともあって読んでみる。
すこし論理的な飛躍があったり、特にデータ等の裏づけの無い決め付け(著者からすると当たり前すぎて裏を示す必要性すら感じなかったのかもしれないが)があったりするものの、総じて読みやすい記述。かなり文章が上手いな、この人は。

自分が入社以来今の勤務先に対して社会人になって以来感じ続けている閉塞感の正体が、何となしに分かった気がする。
・実力主義・成果主義を標榜していても、それは従来の年功序列の修正版でしかない。「年」に「功」を加味する割合が増えただけ。
・成果を出すことが可能な、つまり権限と責任の伴うような仕事は、必然的に年次が上の管理職以上に割り当てられる。彼らは自分で手を動かさないので、作業は全て一般社員に割り振られる。一般社員は管理職への奉仕に忙殺され、とても「成果」につながるような仕事をしている暇は無い。これでは、下っ端は成果を出したくても出せない、抜擢されることはない。かくして、年功序列の核となる部分は維持される。

出世は年功序列でいいとあきらめ、仕事の質を求めればいいじゃないかと考えてみる。でも、やっぱり、大きな障害が立ちはだかるように見える。
・年功序列が温存される職場では、たとえ「功」が無くても、「年」があれば、少なくとも若手よりはでかい顔ができ、面白い仕事を取ってしまう。仕事は確かに自分で創るものだが、上司に無断で進めるわけにはいかない。で、報告を入れた時点で、創りだした仕事の担当からはずされ、他の先輩社員のサポートに入ることになる。いつの間にか自分の仕事が自分の仕事でなくなってしまう。
若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来
城 繁幸 (2006/09/15)
光文社
この商品の詳細を見る
続きを読む
[2006/09/23 13:49] ブックレビュー | TB(0) | CM(1)

activer ビストロ スリジィエ 

http://www.g-gyao.jp/s/0002146117/top/

新橋の路地裏にある、わずか七席の、素晴らしきお店。

なんと、2800円でフレンチのコースがいただける。
お酒も安い。
お腹いっぱい食べて飲んでも1万円はいかないだろう。
しかもしかも、かなり美味しい。(そりゃあ、素材とかは何万円もするお店には負けるけどさ、十分に美味しいっすよ。お店が心配になるほど良心的な価格設定だなあ。)
また、一人で切り盛りしているオーナーシェフがナイスガイなんだな。
なかなかいい男だし。

今度行くときは、お酒中心でBarっぽく使ってみよう。
アラカルトもすごく美味しそうだ。

流行ってほしくないけど、
まあ、場末のblogなんで、書いてもいいか。

しっかし、こんな素晴らしいお店を使っても、僕の恋路に光は差し込んできませんな・・・はあ・・・
[2006/09/23 00:28] 未分類 | TB(0) | CM(0)

NY Style Dining LOB 銀座店 

http://www.rasinban-za.com/lob.html

会社の歓送迎会で利用。

料理はそこそこという感じだが、なかなかムーディで落ち着く感じだ。
かこいや、点(TOMORU)と同系列ということで納得。
雰囲気重視なら、決してコスパは悪くない。

それほど高級感は無いので、気合入れてのデートというよりは、
平日に女の子とちょこっとゴハンを食べるのに適しているかも。

また、大騒ぎするのではなく、少人数での合コンにも使えるだろう。

近いうち再訪しようと思う。(お相手募集・・・)
[2006/09/20 23:09] 未分類 | TB(0) | CM(0)

今日の気になる 

タイでクーデーターか、首都に非常事態宣言発令
勤務先はタイにも子会社を有している。
このようなリスク対策について法務部が積極的関与をするわけではないかもしれないが、状況を見守りたい。

首都高談合、申告3社の指名停止期間を半分に短縮
申告企業であっても談合に関与したことは変わりなく、課徴金減免制度と直接には無関係である指名停止についても優遇されるというのは納得できない。
これが今後の指名停止扱いに関するリーディングケースとなると、独禁法違反の情報がキャッチされたら速やかに自主申告できる内部体制を確立していない経営者は、株主からの突き上げを食らう可能性がある。

マテラッツィ、頭突き場面題材のCM出演
ジダンサイドは黙って見逃すのだろうか。

同選手は決勝での“事件”以来、イタリア国内で人気が急騰している。

というのは意外。ダーティなイメージに苦しんでいるのかと思っていたが、そこはイタリア、カルチョの国。勝てば官軍ということか。
あんまりCMが面白いとは思わないが。。


[2006/09/20 22:54] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

名月庵 田中屋 

http://www.soba-tanakaya.com/shops/ginza/ginza.html

蕎麦と日本酒とゆったりと

という友人のリクエストに応えてセレクト。有名な蕎麦の老舗はたくさんあるけれど、日曜日の夜に営業しているところは意外と少なくて、お店探しには難儀した。最終的に、アクセスの便利さなんかを考慮して銀座のこちらに落ち着く。

日本酒と、アテとしておぼろ豆腐、野菜の天ぷら、秋刀魚の塩焼き、蛸わさびなんかを注文。秋だねい(^_^)
フードでは、上品なお味のたこわさと、お通しの蕎麦味噌が美味しかった。これだけで何杯でもいけちゃうよ。秋刀魚も脂がのっててGoo!
日本酒では真澄がすっきりしてて良かったなあ。この店で飲むと850円になっちゃうのでコスパは良くないのだが、まあ、銀座の一等地でゆったりとした雰囲気を味わえたっつうことで、それなりに満足っす。

[2006/09/17 22:46] 未分類 | TB(0) | CM(0)

神田餃子屋 本店 

http://www.gyouzaya.co.jp/

我が愛する街、神保町の店。
焼肉の有名店、マルタケが予約でいっぱいだったので仕方なく選んだけれど、これはこれで正解だった。空腹というスパイスはあったが。

餃子はもちろん、他のメニューも充実していて、
それでいてリーズナブル。
平日はサラリーマンであふれかえっているけれど、納得ってもん。

本日、まずはスープ餃子とぱりぱり餃子を。
ビールが進むよ。
で、何気なく頼んでみた、ジャガイモと豚肉の炒め物。
餃子より大きな写真でメニューに掲載されているだけあって(いいのかオイ・笑)、とっても美味っす。
思わずゴハンを頼んでしまい、大満腹に。
[2006/09/16 23:26] 未分類 | TB(0) | CM(0)

今日の気になる 

消費者金融 自殺で保険金、年3600件

 業界関係者によると、この仕組みは20年以上前に始まり、原則として借り手全員に加入してもらっているという。大手消費者金融の幹部は「住宅ローンの団体信用生命保険と同じで、遺族へ借金返済の負担が及ばないようにする借り手へのサービス」と言う。
 これに対し、消費者金融に詳しい宇都宮健児弁護士は「無担保が売り文句なのに、命を担保にしている。過酷な取り立てを助長する要因にもなっているのではないか」と指摘する。
 警察庁のまとめでは、05年の全国の自殺者数は3万2552人で、うち動機が「経済・生活問題」のケースは7756人にのぼる。
 消費者信用団体生保をめぐっては、生保加入の同意書が借金の申込書と一体になり、生保加入に気づかない借り手が多いことが問題化。金融庁は生保各社に対し、借り手が保険加入に同意したことの確認を徹底するよう指導している。

債務者が生保に入っていることが既成事実となっているのであれば、「死んでも回収できる」って意識になって、取立てがきびしくなるかもねえ。しっかし、自殺多いのね・・・3万人。僕の故郷の町よりたくさん。毎年、町ひとつが分の命が自ら絶たれているのかと思うといたたまれない。やっぱ、自殺はいかんよ、いろんな人に迷惑がかかるし

北京の大学生、4人に1人がうつ病症状 自殺増も問題化

東証に買収防衛策要求、金融相懇談会の最終報告書でてか、買収されたらいいんじゃない?証券取引所こそ、原理的な市場主義に曝されるべきだとおもうが。

赤字地方債解禁を検討・総務省、自治体の財政改革条件
[2006/09/14 00:30] ブックレビュー | TB(0) | CM(0)

見なきゃダメだ!あの「エヴァ」が10年ぶりに映画で完結 

ファンにとってはいまさらニュースでもなんでもないのだろうが、備忘として。
もう放映から10年経つのが信じられない。
おもちゃ売り場には未だにエヴァンゲリオンのプラモやフィギュアがたくさん並んでいて、現在進行形で人気があるように見受けられる。
ところでYou Tubeで改めてエヴァの劇場版をざざっと観たけど、これかなり、エグイなあ。プラモを買った子供がヒーロー・ロボットアニメだと勘違いして、観ちゃうとショックじゃないかな?

そうそう、サンスポによると、

結末をめぐるネット上でのファンの論争は、現在のネット掲示板「2ちゃんねる」を作り出すきっかけにもなった

って、こりゃ本当かいな?日本におけるネットカルチャーの隆盛に計り知れないインパクトを与えた作品なんだなあ。(情報の裏をとる気はまったく無いけど。)
[2006/09/12 23:50] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

仕事の基本 

香山リカさん衣食足りたら、社会を見よう

 仕事の基本は、給料をもらって地道に働くこと。一日一日を放り出さないで終えること。これはきっといつの時代も、どの国でも変わらないでしょう。時代のスピードに乗り遅れたくないという焦りで、即断即決で次へ挑戦しなくてはと考えるかもしれない。しかし、じっくり取り組むとか、時間をかけて習得するという構えを忘れると足元が危うくなります。
 私にもいやな仕事場というのがありました。待遇も、上司も、同僚も、システムもウマが合わない。早くここを抜け出したいと日々うつうつとしながら数年は我慢して勤めました。でも後になって考えると、そこで勉強になったことも多かった。抵抗感とか、負荷がかかる仕事は地力がつくのかもしれません。


地道にこつこつ。今の僕にもっとも欠けている姿勢かもしれない。
[2006/09/11 23:38] お仕事 | TB(0) | CM(0)

入門・CSR 

社内教育用CSRガイドブックの作成という、(できればあまり関わりたくなかったジャンルの)大仕事をやることになってしまい、とりあえず入門書っぽい二冊を購入してみた。
CSRのとらえ方はかなり幅があると聞いていたが、やっぱりそのとおりだった。
2002年の欧州委員会によるCSRの定義は、

持続可能なビジネスの成功のためには、社会的責任ある行動が必要であるという認識を企業が深め、事業活動やステークホルダーとの相互関係に、社会、環境問題を自主的に取り入れる企業姿勢である

『CSR入門』のほうは、上記定義の前半部分、持続可能性に重きを置き、CSRの究極目的を「地球環境の保全」としている。他方、『企業倫理とは何か-石田梅岩に学ぶCSRの精神』は、どちらかというと後半部分、特に「自主性」というキーワードを重視し、利潤追求主体としての企業のあり方、すなわち商人道を説いている(そして松下幸之助賛歌に行き着くのはお約束・・・嫌いではないけどネ)。
読んでいて面白く、頭に入ってきやすかったのは、やはり『企業倫理とは何か』だった。(幸之助賛歌が鼻についてしょうがないものの、)「商人とはいかにあるべきか」というところから話を進めていったほうが、ビジネスマンとしてはぴんときやすいと思った。『CSR入門』は、網羅的で資料としては大変役に立つものだと思われるが、その分メッセージ性に欠けるきらいがあった。
商人道、つまりは企業理念といえようか。特に、今日まで何十年と残ってきた企業には、素晴らしい創業精神や企業理念が文化として脈々と受け継がれていて、その中にはCSRのこころが包含されているはず。もし企業の精神が埃をかぶっている状態であったとしても、蔵の奥から引っ張り出して朝日に曝し、綺麗に磨いてやれば、再び輝き始めるだろう。
「地球環境の保全」はそりゃ大事です。でも、あまりにも話が大きすぎて、研修なんかで聞かされても「ふ~ん」で終わってしまいそうな気がする。
「商人道如何にあるべきか」、仕事を進める上で胆に据えるべきキーワードとしたい。

[2006/09/10 21:40] ブックレビュー | TB(0) | CM(0)

日の名残り 

遅ればせながら初めて読みました、カズオ・イシグロ。
梅田さんがイシグロのファンということで、前々から気になっていたし、アマゾンのレビューは非常に好意的だし。ということで、トライ。
なお、今回は、スゴ本のオススメに従い、図書館で借りてみた。

雇い主に「英国流」の一流サービスを提供することに全てを捧げてきた執事。彼は、短い自動車旅行をする中で、失われてしまったものに思いを馳せる。それは、自分が長年仕えてきた真の貴族階級であり、女中頭との淡い想いでもある。
表層的には悲しい物語である。パラダイムシフトが起こるとき、取り残された「旧世代」を襲う混乱。仕事を追及するあまり、見失ってしまった周囲の人との心の交流。確かに、執事には、もっとうまくやるチャンスがあったに違いない。
しかし、彼は後悔しているわけではない。そうした、決して帰らない日の名残りをかみ締めた上で、やはり自分の仕事をしっかり果たそうと決意するのである。今までとはほんのちょっぴりやり方を変えて。仕事をすることで失ってしまったものを思い返しながらも、やはり最後は仕事のさらなる充実を目指す。不器用ながらも真のプロフェッショナリズムをそこに見た。
日の名残り 日の名残り
カズオ イシグロ (2001/05)
早川書房
この商品の詳細を見る

[2006/09/10 12:43] ブックレビュー | TB(0) | CM(0)

今日の気になる 

「公取調書、株主に見せよ」 株主代表訴訟で東京地裁

「従業員が談合しただけ。経営陣は知らなかった」などと主張しがちな役員たちの責任追及に追い風になりそうだ。命令は1日付。
 訴訟は、同社の株主が取締役らを相手に「従業員の行為を監視し、内部統制システムを構築する義務を負っていたのに怠った」として、約1億6000万円の課徴金相当額の損害賠償金を同社に支払うよう求めている。原告側は、談合の実態や関与者を明らかにし、同社のコンプライアンス体制の欠陥を立証するための文書提出を求めていた。
 公取委側は、「調書を目的外の手続きで開示すれば、供述者などから今後協力を得られなくなる」と主張していたが、市村裁判長は「供述者は、話した内容が決してほかに開示されることはないとの信頼を前提に供述しているとは解されない」と判断。「現段階で調書を開示しても、具体的に公取委の審査業務に著しい支障を生じるおそれがあるとは認められない」と結論づけた。
 談合を追及する住民訴訟でも、最高裁が03年、原告の住民が公取委で審判中の談合事件の記録を閲覧・謄写できる権利を初めて認めている。


そういえば、法務部に配属されて1年あまり、文書提出命令への対応(コピー取り)はしたことないなあ。まあ、勤務先は、コピー作業を現場にやらせているだけかもしれんが。ところで、文書提出の申し立てが認められるためのハードルは高いそうだ(Matimulogより。孫引きで御免なさい・・)

川淵キャプテン「ヒデ無視されていた」

W杯限りで引退した中田氏について「中田は他の選手と交流を持つことができなくなっていた。他の選手から無視されることもあり、どうやって意思疎通を図っていいのか分からないと悩んでいた」と明かした。さらに川淵キャプテンは「中田のやり方はうまい方法ではなかった」とした上で「他の選手たちがおとなしすぎたのも問題点」と指摘した。


こんなこと今更明かすのもどうかなあ。中田さんはどう思うのだろうか。単純に恥ずかしいし、プライドに障るかも。それに、これからビジネスマンになるかもしれない中田さんの、コミュニケーション能力不足を指摘しているわけでしょ?
オシムの件もあるし、川淵さんこそ(特に対パブリックで)コミュニケーション能力に欠ける気がするなあ。これ以外も、いろいろ川淵さんのスキャンダルが出てきてますなあ。ていうか、勤務先の社外取締役がJFAの顧問弁護士(現職ではないかもしれないが)何しとったんじゃ?・・・

日本人起業の創薬ベンチャー、米ナスダック上場へ
自殺者統計の項目見直しへ 警察庁
[2006/09/06 23:37] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

今日の気になる 

最高裁、「父子」認めず・夫の死後に凍結精子で出産

 夫の死後、凍結保存していた精子で体外受精した西日本の女性が、出産した男児(5)を夫の子と認知するよう求めた訴訟の上告審判決が4日、最高裁第2小法廷(中川了滋裁判長)であった。同小法廷は「民法は父親の死後の妊娠・出産を想定していないことは明らかで、死亡した父との法律上の親子関係は認められない」として、認知を認めた2審判決を破棄、請求を棄却した。原告側の逆転敗訴が確定した。
 同種の訴訟は高裁段階の判断が分かれており、最高裁の判断は初めて。判決は4裁判官の全員一致だった。ただ判決は親子関係を認めるかどうかは「生命倫理や子の福祉、関係者の意識、社会一般の考え方などを多角的に検討し、立法によって解決すべき問題」とも判示。2裁判官は「法整備が必要」との補足意見を付けており、医療技術の発達に対応し
た法整備のあり方を巡る議論を促した。
 判決理由で最高裁小法廷は、父親と死後に体外受精で生まれた子の間に「親権、扶養、相続など基本的な法律関係が生じる余地はない」とした。


法の不備放置に警鐘・凍結精子児訴訟判決
このへんが法律(ルール)の限界で、融通の利かないところで、仕事しててむなしくなるところなんだよな~。
望ましいとわかっていることでも、ルールの枠を飛び越えることができないというジレンマ。
日々悩まされている。

被告と検察、真っ向火花 堀江被告初公判
裁判が始まってもたくましい堀江さんは、腐っても新時代のひとなのかな。少し応援したくなる。過密日程らしいし、論点は複雑だし、裁判官もやりずらかろうなあ。

酒酔い運転はすべて懲戒免職に 埼玉・飯能市
やりすぎでない?むしろ市長には、「酒酔い運転者による摘発が一人でも出た場合には市長を辞任する」と言ってほしかった。こうすれば、自らの飲酒運転許すまじという意気込みをを内外にアピールできるだろう。
まあ、そんなコメントが発表された瞬間、市役所は酒盛り状態になるかもしれないが(笑)。

悪質ケースは事業許可取り消しも 偽装請負で厚労省
退職後の自殺、労災認定・東京地裁
貸金業法改正、特例金利28%に・金融庁案
内部統制ルール、新興上場企業にも適用・金融庁
総務省、著作権登録制を提案・TV番組の再利用促す
[2006/09/05 22:22] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

IT化逆行企業 

磯崎会計士は仕事でほとんど紙を使わないそうだ。

ちなみに、弊事務所、毎日、非常に大量の文書を受け取りますが、ほとんどメール添付のファイルで送っていただけるので、これもファイリングいらずで、楽ちん。
基本的に印刷せず、ディスプレイで見て、修正して送りますので、いつもプリンタの電源は切ってあります。
この8ヶ月での紙の消費:ASKULのA4の紙のたば4束のみ。

業務効率化の鍵は、いかに「紙」に触らないか、だという気がします。



それに引き換えわが職場の惨状

・あらゆる打ち合わせ資料をプリントアウト・ファイル保管
・上司に書類を見せるときは必ずプリントアウトしてから
・修正点やコメントも、wordの修正履歴機能やコメント機能は使わず全て手書き
・そのうえ完ぺき主義。



えげつない量の紙を毎日印刷してます・・・

[2006/09/05 22:12] お仕事 | TB(0) | CM(1)

今日のひとこと 

君、覇気が無いね。
 _| ̄|○
[2006/09/05 00:02] お仕事 | TB(0) | CM(0)

今日の気になる 

灰色金利、過払いは「任意」を明記 貸金業法改正案

利息制限法の上限金利を超えるグレーゾーン(灰色)金利については、撤廃までの3年間、超過分の支払いは義務ではないことを契約書に明記させる。借り手にとっては任意の支払いとみなされ、あとで返還請求が難しくなる懸念がある。このほか少額・短期の融資に特例で高金利を認めるなど、業者側への配慮が目立つ。一方、借り手1人あたりへの貸付総額は「年収の3分の1」という新たな上限を導入する。


頑張るなあ、消費者金融業界。お世話になる日も近い、のかな。

マンション建設、ゼネコンの「丸投げ」自粛広がる

65歳以上の生活保護者に自宅担保で融資・厚労省検討

株不透明販売の投資会社、弁護士会副会長が“保証印”

育児支援進めた中小企業に助成拡大 厚労省方針

 新しい助成制度の対象は、常勤の労働者が300人以下の中小企業でかつ常勤の20代、30代が50人以上が条件。内容は、仕事と家庭の両立の意識改革を重視して(1)企業トップの方針の明確化と内外への発信(2)管理職研修(3)従業員周知、を必須とする。このほか、育休を取りやすい職場風土を作るために従業員の勤務態勢や仕事の進め方の見直しなどを行う。従業員の意識改革に力を入れた両立支援の助成は初めて。
 取り組み1年後に厚労省の定めた「男性の育休取得者はどれくらいいるか」といった61項目の「両立指標」で検証する。成果があれば50万円、2年目にさらに成果があがれば50万円を支給。女性の育休取得者が80%以上で両立指標の点数が基準を超えると50万円を加算する。


これっぽっちの助成金じゃあねえ・・

リチウムイオン電池、安全基準を統一・国内メーカー

家電リサイクル料金、前払い方式導入で綱引き

店頭価格の実質値上げにつながるとしてメーカーは反発、料金設定を含めた具体化にはなお曲折も予想される。


効果的に回収するには、やっぱり前払いが望ましいのだろうな。
コストリーダーシップを量販店に握られているので、将来的には「店頭価格の実質値上げ」にとどまらずリサイクル料金をメーカーが負担させられるかもしれないが・・・


[2006/09/05 00:00] 日々考察 | TB(1) | CM(0)

知的複眼思考法 

知的複眼思考法―誰でも持っている創造力のスイッチ 知的複眼思考法―誰でも持っている創造力のスイッチ
苅谷 剛彦 (2002/05)
講談社
この商品の詳細を見る

大学在学中に読んでおくべきであった。。
知的複眼思考法=常識にとらわれることなく多面的に物事を分析し、そしてそれを自分とのかかわりの中でどのような意味を持つのかとらえなおすこと。

※読書メモ(他にも重要点はいろいろあるが、「複眼思考」を身につけるための基礎として)
1.創造的読書のポイント
(前提)「何のためにこの本を読むのか」を明らかにした上で、「著者と対等の立場に立って、本の文脈を理解する」という意識を持って臨むこと。
ポイント
・著者を簡単に信用しない
・著者の狙いをつかむ
・論理を追い、根拠を疑う
・著者の暗黙の前提を追い、それを疑う

2.問いの展開方法
●大きな問いを小さな問いにブレイクダウン
・最初の大きな問いを複数のグループに分解する
・「なぜ」(因果関係)と「どうなっているか」(事実関係)の組み合わせにより問いを展開する
・とくに「なぜ」の問い考えるときには、類似ケースと比較し、相関関係の無い要因を徹底的に排除する
●概念を活用し、問いを一般化/具体化する
・複数の具体的ケースを比較して両者に共通する特徴を概念として抽出する
・概念という抽象度の高いレベルで原因と結果(因果関係)を記述しなおしてみる
・概念レベルで考えた原因と結果を他のケースにも当てはめて検証する

[2006/09/03 22:45] ブックレビュー | TB(0) | CM(0)

田口弘さんの本2冊 

訳あって、田口弘氏(現エムアウト社長、元ミスミ社長)の著作を読む。
2冊とも、普遍的な経営理論を語るというより、ミスミを経営していたときに日々実践されていたことをまとめた感じで、テーマはほとんど変わらない。「日本で最高の・・・」の方が後で書かれたということもあって、文章の書き方もこなれていて読みやすいかも。

内容は、ご自身の提唱されている「マーケットアウトビジネス」という思想の解説である。

マーケットアウトビジネスとは、プロダクトアウトビジネスとはまったく逆の発想から生まれた概念です。顧客が本当に求めている商品は何か、心からほしいと感じているサービスは何なのか、市場から聞こえてくるどんな小さな声にも耳を傾け、顧客のニーズを起点として、市場からビジネスをつくりあげていく手法を、私たちはマーケットアウトと定義しています。(エムアウト社HPより

大きな特徴としては次のことが挙げられようか。
・商社のビジネスの発想を、「販売代理店」から「購入代理店」に変えた(=徹底した顧客主義)。
・顧客の声を効果的に吸い上げ柔軟にビジネスを展開すべく、独特の人事制度を導入した(ビジネスリーダーは上からの辞令でなく社員相互の評価で決定する=オープンな人事)。

※個人的な疑問点:まあ、ちょっと今度聞いてみよう
・「マーケットアウト」という発想では、徹底的に顧客の視点にこだわるがゆえに、顧客すら思いもよらなかったまったく新しいビジネスを創造することはできないのではないか?(例えば、ソニーのウォークマン。まあ、そんなことはハナから目指さないというのもひとつの考え方だが。。)
・同じくマーケットアウト発想の限界として、顧客の今あるニーズ(潜在的なものも含め)を出発点とするがゆえ、そのエッセンスが分かりやすいため同業他社にまねされやすく、独占的な地位を築けないのではないか?
・顧客主義を押し通すと、「社員のやりたいこと」が二の次となり、モチベーションを下げることにはならないか。(特にまったく新しいことにチャレンジしようという気概をもった人)

※その他参考になった人生訓
・冷遇されたときは「何もしないで給料がもらえるチャンス」と考え自分磨きに精を出そう。
・自分の欠点を生かす仕事のやり方を見出そう。
・人付き合いが下手=人に合わせることが下手なのは、確固たる自分ができていないから。「ここだけは退けない」というものさえしっかり築いていれば、他は何とでも他人に合わせることができるはずだ。
[2006/09/03 22:24] ブックレビュー | TB(0) | CM(0)

図書館と恍惚 - enchanted by librarian's voice 

図書館は静かな場所だ。静かにしているべき場所でもある。
そこで働く人たちの声も自然と小さくなる。
だが、説明が聞き取りにくくてもいけない。
結果、彼らの声は、whispering but clear。
女性のまじめな司書さんにいろいろと説明を受けているとき、
だんだんこの声にヤラレはじめた。
じっと聞いているとくすぐったい感じになってきて・・・
なんだかたまんねー

駄目人間・・・orz




[2006/09/02 22:05] 未分類 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。