スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ここ1週間の読書 

終電帰りが続いているので読書ペースが落ち気味・・・
そんな中で読んだ本をササっと紹介


★★★★★!!!すんげーオススメ
企業を革新するのは、戦略・ビジネスの仕組みづくり・社員のマインドだ!経営者の熱き想いと苦悩が滲み出てくる。ビジネス書なのに、ふと気がつけば涙が・・・


★★★★★就職活動・転職活動の前にじっくり自己分析を
ディープな自己分析本。こんど勤務先の新卒採用イベントに出演するので、予習のつもりでそれほど期待せずに読んだのだが、これがスゴイ。もっと早く出会いたかった。。

本当の自分を知るためには、過去の出来事や感情の記憶を、大人になった今の新しい解釈によって整理する必要がある。




★★☆☆☆
神保町の三省堂本店で新書No.1に君臨していたので期待して購入したものの、イマイチしっくり来ず。。まだ高校生の知的レベルに追いついていないようです・・・
スポンサーサイト

[2007/01/31 00:41] ブックレビュー | TB(0) | CM(2)

今日の気になる 

NHKに賠償命じる 番組期待権訴訟で東京高裁

南敏文裁判長は、「NHKは、番組制作担当者の制作方針を離れてまで、国会議員などの発言を必要以上に忖度(そんたく)し、あたりさわりのないように番組を改編した」と指摘。NHKは変更について市民団体側に説明する義務があったのにしなかったとして、NHKに200万円の賠償を命じた。うち100万円については下請け、孫請け制作会社にもNHKと連帯して賠償責任があるとした。
南裁判長はまず、「取材者の言動などにより期待を抱くやむを得ない特段の理由がある場合、編集の自由は一定の制約を受け、取材対象者の番組内容に対する期待と信頼は法的保護に値する」と指摘。一審判決と同様の一般判断を示した。
その上で、孫請け制作会社の「ドキュメンタリージャパン」(DJ)が取材申し入れの際に「番組提案票」を提示した点や、実際の放送内容についてNHKから説明がなかった点を検討。バウネット側が「法廷」をつぶさに追うドキュメンタリー番組になると期待してもやむを得ない特段の事情があったと認定した。
さらに、「バウネットは、当初の説明とは相当かけ離れた内容になることになった点について説明を受けていれば番組から離脱したり善処を申し入れたりできたが、NHKなどが説明義務を果たさなかった結果、これらの手段をとることができなかった」と述べた。



これからの取材のあり方に関するネット上の考察として、
佐々木俊尚 ジャーナリストの視点
「毎日新聞連載「ネット君臨」で考える取材の可視化問題」

がとても参考になる。

最強の勉強法 コマ切れ時間を活用して、セコく学ぶ

勉強というと、机に向かって頭の中で何回も何回も同じ言葉を唱えて、無理やり覚え込むものだという風潮があります。でも、それは長期記憶という点では100%役に立たないことが、脳科学で証明されています。むしろ、ひとつの言葉からいろんなものに連想を広げるほど、記憶は定着されやすくなります。新しいものを覚える場合、脳は既存の記憶のネットワークを利用しようとします。言葉から受けるイメージを映像化して、以前見たものに似ているとか、正反対だとか、語呂合わせもそうですよね。そうやって関連することを思い浮かべれば思い浮かべるほど、強固な記憶として定着します。


関連付け。僕の場合は「なぜそうなるのか」、理由が明確になっていると覚えやすい。一番覚えられないのが会社の慣習。「伝統だから」と思考停止を強いられるとツライ。自分なりに一生懸命「なぜこの仕事はこのような手順で行うことを強いられるのか」を考えてます。

保険「特約」支払い漏れ、対策急ぐ・大手生保

1回の手続きで主契約と特約の請求ができるよう書類を変えたり、顧客に契約の内容を知らせる冊子を配ったりしている。

支払「漏れ」というよりは、支払わなくてもいい状況を故意に作り出しているようにしか見えないなあ・・・

違法サイト利用者の約8割は「罪悪感を持っていない」--RIAJ調べ

全体の74.0%が違法サイトについて認知し、35.5%が利用していることがわかった。年代別にみると、特に12~15歳の利用率が64.5%で、若年層の利用率が極めて高い結果となった。
続いて、「違法サイトへの音楽のアップロード経験があるか」の問いに対し、全体の18%が「ある」と回答。そのうちの33%が12~15歳、21%が16~19歳と、10代が過半数を占める結果となった。

これに関連して、
違法「着うた」サイト増殖にみる日本のコンテンツの危機【コラム】

楽配信市場が約500億円であるのに対し、新たな流通経路である携帯電話での違法配信サイトが300億円規模にまで達している可能性がある

野放し状態の違法音楽DLサイトに加え、CDレンタル、貸本、コンテンツ業界の構造問題など、日本はコンテンツを創り出すクリエイターに十分なインセンティブを与える仕組みになっていない、という主張。
言われてみると確かに、ゲームやアニメ、音楽業界に属する人の収入は、ごく一部の例外を除き、総じて低いように思う。メディアに搾取されっぱなしというか。それに追い討ちをかけるのが、デジタルコンテンツの違法コピー問題。泣きっ面に蜂だわな。
しかし、状況改善を制度的に後押しするのは凄く難しい気がする。やっぱまずは教育かなあ。無許諾での複製は悪いことだと認識させないと。でもこれはとても時間がかかる方法だ。また、違法にコピーされたコンテンツを使用することのニーズ自体を叩き潰すため、事業者に加えて個人を厳しく取り締まること必要があると思われるが、取り締まり強化というのもまたコストがかかる。ん~、何か手詰まり感・・・
で、こんなニュースを知ったときは、もう脱力するしかないね。笑う力も抜けるよ。。

知財研が海外派遣の明大元助教授、論文盗用で懲戒免職

経済産業省所管の財団法人、知的財産研究所は29日、「著作権」などの研究のために特許庁の委託事業で在外派遣していた研究者が期間中に無断帰国したうえ、成果論文の一部を他人の論文から盗用していたと発表した。



ユーチューブ、ビデオの著作権者に収入を分配するシステム導入を計画

この仕組みがうまく機能するためには、毎日1億件も投稿されるビデオをYouTubeが事前にチェックすることが必要となる。YouTubeでは本来、投稿ビデオを事前検閲しないという方針を取っており、・・・YouTubeの成功にはこういう姿勢が一役買っていたことを考えると、今回の動きは興味深いものがある。


YouTubeが今の携帯を保ちつつ、著作権者に報いることが可能なのかしらん?google先生の動画検索技術が一役買うことになるのかしら?

ドコモ、携帯向けの検索連動型広告に参入

会社のビジョンや戦略の共有、社員のモチベーション向上に貢献

[2007/01/30 00:02] 日々考察 | TB(1) | CM(1)

今日の気になる 

HP産業スパイ問題で元幹部に差止命令--米裁判所

Hewlett-Packard(HP)は米国時間1月25日、同社元幹部に対する一時的差止命令を勝ち取った。この元幹部は、競合するDellに対してHPがスパイ活動を行ったとし、裁判所への提出書類のなかで同社を告発していた。
 社内業務機密を盗み出した容疑でHPに提訴されているKarl Kamb Jr.氏は、19日に起こした対抗訴訟を取り下げるよう、テキサス州タイラーの連邦裁判所から命令された。Kamb氏は、Dell日本法人元社長の飯塚克美氏に金銭を支払ってDellの情報を集めさせたとしてHPを告発した。



飯塚克美氏は、薄型テレビの企画・開発に特化したベンチャー企業、バイ・デザインの社長。かなり脚光を浴び始めた存在である。今回の告発が同社の将来に暗い影を落とさないか、懸念される。

夫の子なのに「前夫の子」 民法規定に改正求める声

 「離婚から300日以内に誕生した子は前夫の子」とする民法772条のため、今の夫の子と証明できても子供を戸籍に入れられないでいる両親らが25日、法務省や各政党に法改正を求め、「離婚して新たな家族を持とうとする人に負担だ」と会見で訴えた。法務省は市町村の運用実態などを調べる方針だ。


民法772条により「嫡出の推定を受ける子」につき、夫がその嫡出であることを否定するためには、「嫡出否認の訴え」によらなければならない(民法777条、最判平12.3.14等)。これは、離婚からいわゆる「十月十日」以内に生まれた子供が、「誰の子か分からない」という状態になってしまう事態を避け、親子関係を法的に安定させるという趣旨の規定である。本来的には子の福祉ためにある法律であり、換言すれば幸せな家庭を築くための礎となるべき規定といえよう。
それなのに、自治体の厳格な運用で、全く逆の働きをしてしまう。。皮肉だ。
担当官の方は真面目に業務を執行されているのだろう。一部の法の運用を緩めることで、他の分野もユルユルになってしまうのではないかという懸念。それに、進歩的な判断を下すことについて、クソ堅物で超保守的な上司がどーしてもYESと言わない。例え上司を説得できても、絶対にその上の階層が話を潰してしまう。巨大企業の法務担当として痛いほど分かるゾ(T_T)悪法でも法は法である。この言葉の前に無力な私を強く感じた。

東京都千代田区、新設ビルに新エネルギー活用義務付け

活用を義務づける新エネルギーはバイオマス燃料、コージェネレーション(熱電併給)システムなど。使用量は定めないが、新エネルギーを使用しなかった場合に比べ、CO2の排出量を2割程度抑える計画を提出するように求める。


都心でオフィスを構えるコストがまた上がるね。

年金額、現役世代の47~51% 出生率1.26で試算
かなり楽観的な経済成長率・出生率予測に基づいて出された数字だね。
年金を当てに出来ないという危機感をもっと自分で醸成し、手を打たないとね。

金融庁、資金洗浄防止へ国内ルールの強化検討


過失の自動車事故、懲役最高7年に・厳罰化へ刑法改正案

文科省、LEC大に初の改善勧告・教員6割、勤務実態なし

会社設立大学の解禁見送り、政府特区で問題多発

[2007/01/27 00:01] 日々考察 | TB(1) | CM(3)

アルファブロガー発表 など今日の気になる 

アルファブロガートップ40 2006
う~ん、高尚なラインナップ。巡回先のブログはあんまりランクインしてね~。

絶縁装置でカルテル、EUが日欧10社に巨額制裁金

欧州連合(EU)の欧州委員会は24日、発電所などで送電量を調節するガス絶縁開閉装置(GIS)に関する国際カルテルに参加したとして、日本企業5社を含む日欧の計10社に対して総額7億5000万ユーロ(約1200億円)の制裁金を科すと発表した。
制裁対象の日本企業は、三菱電機、東芝、日立製作所、富士電機ホールディングス、日本AEパワーシステムズ。
欧州委は、10社が1988年から2004年にかけ、GISの入札過程で情報を共有したうえで落札価格を事前に相談したほか、落札企業の順番を決めた合意を交わしていた、としている。
 合意には、日本企業が欧州市場に参入せず、欧州企業が日本市場に参入しないことを互いに約した文言も含まれていたという。
欧州企業には独シーメンス、仏アルストムなどが含まれており、シーメンスに対する制裁金3億9700万ユーロ(約635億円)は、EUが1企業に科すものとしては最高額。
同社は24日、欧州委の措置を不当として欧州司法裁判所に不服申し立てを行った。三菱電機に科される制裁金はシーメンス社に次ぐ金額で1億1860万ユーロ(約190億円)にのぼる。



欧州委のプレスリリース
東芝に143億円、日立に81億円の制裁金が課されている。

違反行為なく司法の場で争う=欧州委決定に対し-東芝

「控訴含め検討」=欧州委のカルテル指摘で-日立

シーメンスのプレスリリース



心理ハック~心の炎症を消し止める4つの心覚え~
「心の傷」は目に見えないため、「バンドエイド」を自分で這って、「応急措置」を施す必要があります。「バンドエイド」の一例として、次のような4項目は役に立つかもしれません。

・傷つけてきた「敵」に対する「味方」を募集しないよう心がける
・「敵」の長所に目を向ける
・「敵」との接触やイヤな思い出との接触を避ける
・あなた自身の存在意義を知る



最低賃金、罰則を強化 罰金50万円に引き上げ

最低賃金額を払わない企業への罰金を、現行の労働者1人あたり「2万円以下」から「50万円以下」に大幅強化する。



音楽・文芸など17団体、著作権を集中管理
今後は、侵害に対して積極的に権利行使がなされる可能性がある。努々注意しなければ。

中小の特許料減免を拡大・政府の知財戦略本部が支援策

残業代割り増し法案、単独で提出へ・政府方針

ネットにも広がる自己学習の選択肢--効率的な学習には「PCが必要」との声も
安河内さんは、「一人でやっても続かない。スクールに行ったほうがモチベーションもあがって学習を継続しやすくなるし、けっきょく安上がりである」ってな主張をされているけど。はてさて。


ダムデータ改ざん、東電幹部了承

グーグル、フィッシング対策用ブラックリストから機密データを削除

違法マグロ漁船を排除…国際5団体が「行動方針」案

給食費滞納、全国で22億円超…6割は「モラル低下」
日本はだんだんと恐ろしい国になってきたなあ。

[2007/01/26 00:24] 日々考察 | TB(0) | CM(1)

赤ちゃんビジネス-など今日の気になる 

国内業者が卵子バンク 日本人ドナーから韓国で採卵

提供者(ドナー)の卵子を韓国で採り出し、夫の精子と体外受精させて妻の子宮に移す。ドナーには報酬が支払われる。業者によると、20~33歳の8人の女性が登録しているという。
日本には、生殖医療に関する法律はない。しかし、・・・事実上、国内で医師の協力は見込めない。
03年に韓国の業者が卵子バンクの営業所を日本に開いたことがある。しかし、韓国で精子、卵子の売買を禁止する生命倫理法が施行された05年1月の直前に撤退した。
 このほか、連邦法に取り決めがなく、カリフォルニア州など生殖医療ビジネスが盛んな米国の業者へ仲介する日本の業者もある。
 卵子バンク事業を始めたのは「エクセレンス」。・・・ドナーはホームページで募集。ドナーと、卵子購入を希望する夫婦が面会した後、一緒に韓国へ行き、ソウル近辺の病院で採卵する。夫の精子と体外受精し、妻の子宮に移植する。帰国後、妊娠してもしなくても報酬100万円を払う。韓国では、両国で生殖ビジネスの経験がある女性が、病院紹介や通訳を務めるという。
ドナーは、身長や体重、学歴などを申告し、写真を提出。要望があれば、体のスリーサイズも教える。ドナーと、生まれた子どもの間には、一切の権利義務関係はないことを、双方の契約書で確認する。夫婦側の負担は、ドナーへの報酬のほか、契約金180万円、病院での費用約30万円などを含め、400万円近くになる。米国の場合、500万~
600万円という。
 生命倫理法について、佐々木代表は「契約や金銭のやりとりは日本で行われるので、法律上、問題ない。日本人の卵子がいいという顧客の要望にも応えられる」と主張している。



エクセレンス社HPはこちら

わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいるで、ベビービジネスに関する以下の書籍が紹介されている。

さすがはDainさん、情報感度が高い。
赤ちゃんをめぐるビジネスは、既にわれわれ日本人の想像のはるか先を行っており、その流れはもはや止めようがないようだ。以下、赤ちゃんをめぐる現状と将来。

・遺伝的に劣位な胚を除外する生殖補助サービス
・「あなたに似た人」をカタログ販売する、国際養子縁組業者
・キャリアを優先し、妊娠可能時期を逃した人が、大金で代理母を求める
・肌・目・髪の色や遺伝特質を予めセットアップされた、「デザイナーベビー」
・不妊治療に失敗→養子縁組でゲット(不妊治療+養子縁組の相互補完)
・難病の我が子の治療に必要な髄液のため、生物学的に同じ「子」をつくる
・フランシス・フクヤマが描いた人類の二つの亜種、gene rich と gene poor



NTTドコモなど、異なるキャリア間で相互利用できるモバイル認証技術を開発

公取委、ゼネコン3社を強制調査・名古屋市地下鉄談合

工事規模が大きく、一昨年末に大手ゼネコンが「談合決別」を宣言した後も談合システムが継続していた点を悪質とみて、法人としての責任を追及する必要があると判断した。
 強制調査の対象になったのは鹿島、清水建設、大林組の名古屋支店。



合併審査指針、改正案固まる・基準緩和、簡易審査も存続

判断基準の軸足を市場占有率(シェア)から、市場の競争がどれだけ活発かを示す「寡占度指数」に移す。同時に簡易な審査で済むかどうかの目安として、シェア基準も一部存続させる。
一般の意見募集を経て4月にも新指針が適用される。



労働条件、就業規則で変更・厚労省が労働契約法案要綱

就業規則の役割を大幅に引き上げ、条件を満たせば就業規則の変更で労働条件を変更できるようにするのが最大の柱。また企業が社員を出向させる場合、対象者に選んだ理由を説明できるよう求める



楽天のストップ高は新興市場復活の号砲か

新興市場銘柄には決算を控えて会計監査で懸念の残る企業も少なくないことから、3月期決算の結果が明らかになる5~6月までは予断を許さない状態が続きそうだ。


ライブドア事件からもう1年か・・・市場に残した爪痕は未だ癒えず。

北朝鮮、イランに核実験情報提供・英紙

自治体の損失補償「違法」判決、金融界に波紋広がる

絶好調のユーチューブ、迷走するライバルたち--映像共有市場で始まる淘汰の動き

株式持ち合い一段と増加・事業会社の保有17%増、昨年9月末

[2007/01/24 23:35] 日々考察 | TB(1) | CM(1)

光浦靖子がカーリングに挑戦?など-今日の気になる 

公取委 企業合併緩和、シェア基準を維持 

「競争を阻害する恐れは小さい」とみなす基準について、業界の競争状況を示す「寡占度指数(HHI)」とシェア基準を併用して「シェア35%以下でHHI2500以下」に緩和し、現在より企業が合併しやすいようにする。シェア基準撤廃に反発する経済産業省などに配慮したものだ。
 HHIは、国内市場の各企業のシェアを2乗した値を足したもので、高いほど寡占化が進んでいる状態を示す。「競争を阻害する恐れは小さい」とみなす現行基準は「シェア35%以下でHHI1800未満」だったが、新基準は対象を広げる。月内にも与党に示し、年度内に最終決定する。

結局、シェアもHHIも両方計算しないといけないわけだよね?わざわざシェア基準を残す必要なかったんとちゃうの?

生涯賃金格差「日本が最小」・内閣府が日米欧7カ国調査

内閣府は「日本は国際的に見ればまだ平等」とアピールする狙いもありそうだ。

で、更なる格差拡大路線を突き進む、と。

光浦靖子がカーリングに挑戦??
写真右端に注目だ。

<アカデミー賞>菊地凛子さんが助演女優賞にノミネート
すごーい!!受賞できるかどうかは分からないけど、それでも十分に快挙だ!

ヤマダ電機、メーカー派遣者に指示…職安法に抵触
この手のニュースには少々飽きた。てか、マスコミにコンプラを語られたくねー

ベルギーの新聞団体、ヤフーを著作権違反で警告
[2007/01/24 00:49] 日々考察 | TB(0) | CM(1)

「あるある大辞典」問題など-今日の気になる 

納豆ダイエット実験ねつ造…手口悪質、番組打ち切りも
ダイエット情報なんて、たいていがこんなもんだと思ってかかったほうがいいと思われ。
体重を減らすには、摂取エネルギー<消費エネルギーとするしかないやろう、どー考えても・・・(半分以上、自分への戒め)
また、本件の報道に関し、山口浩さんが次のようなコメントをなさっている。

「あってはならないこと」ですむ話でもない。それが重大であればあるほど、単なる精神論ではない「システム」としての対策が必要になる。そこまで突っ込まなければいかにも消化不良だ。
というのも、少なくとも同業のテレビ局なら、今回のケースを他人事と扱うことなどできるはずがないからだ。

まあ、「システム」としての対策を立てるにはかなりのコストがかかるし業界は変革を余儀なくされる。それは避けたい。だから、表層的な報道に終始している、というのはうがった見方だろうかねえ。。

NHKスペシャル「グーグル革命の衝撃 ~あなたの人生を“検索”が変える~」の内容が、丸の内ビジネスマンの独り言で紹介されている。TVを持っていないので、こういった情報は助かる(苦笑)

グーグルが検索結果をコントロールしているらしいのだ。
例えば、ある企業のHPは、長年、上位に表示されていた。
しかし、ある時期を境に、全く表示されなくなった。
グーグルに問い合わせたが、応えてもらえず。
そこで、裁判を起こしたが、
「HPを表示するか否かの権利はグーグルが持っている。」
「(原告の)HPは、グーグルにとって、価値がなかった。」と・・・。
また、「天安門」と検索すると、
その結果が米国と中国では違うという・・・・。


同blogの管理人さんは、グーグルのような特定の有力サイトがインターネット上の情報をコントロールする結果、恐ろしい未来が到来するのではないかと懸念されている。

無論、中小企業にとっては、安価なプロモーションツール手段が奪われ、サイトには、権力や金をもっているスポンサーの広告ばかり・・・・。
そして、言論の封殺。


インターネットのイメージには、企業にとっては公告コストの削減に寄与し、個人にとっては情報収集や物品購入を容易にし、また自由な言論空間を提供しているというものがある。しかし、サーチエンジンの進化によって全く逆の方向に進む可能性がある。非常に考えさせられるご指摘だ。少なくとも私は、googleが言論の封殺や企業の「独り勝ち」状態を生むという可能性には思い至らなかった(恥)。

特許・技術取り込む買収に減税措置・産業再生法改正へ

これまで過剰設備や債務の圧縮を狙う企業再編を後押ししてきた産業再生法を改正し、適用対象を広げる。


「技術目的の買収」ってどうやって定義するのだろう?
それに、特に自社の技術って評価が難しくって、そもそもあんまりB/Sに計上しないと聞いたこともあり、減税効果はたかが知れているような。。

証券代行業務、子会社移管でも営業可能・信託銀の規制緩和へ

ソニー生命、営業職員に永久歩合制・4月から

 獲得した契約が解約されずに継続して保険料が入ってくる限り、営業職員に歩合給を払い続ける仕組み。

収益の8割は既存顧客がもたらすっていうもんね。
ソニー生命、新規顧客の獲得重視から既存顧客のフォロー重視にちょっと舵を取ったって感じかしら?成長期から成熟期に入ったということなのかなあ。
[2007/01/22 23:57] 日々考察 | TB(0) | CM(1)

プロ弁護士の思考術 

プロ弁護士の思考術 プロ弁護士の思考術
矢部 正秋 (2007/01/16)
PHP研究所
この商品の詳細を見る

オススメ度:★★★★★
 論理思考の「その先」へ。。

巷にあふれるロジカル・シンキング本。しっくりこないなと思いませんか??事例がビジネスとかけ離れていたり、内容が理論的・抽象的すぎたり・・・
その点、本書の内容はすごく実践的。しかも、百戦練磨のビジネス弁護士である著者の「経験」が、強力なバックボーンになっている。あくまでアドバイザー=第三者である経営コンサルタントとは異なり、「代理人」、すなわち当事者に成り代わり、文字通り体を張ってきた弁護士としての志が感じられる、熱い内容だ。論理思考本を読みなれている人であっても、かなりの気付きが得られる、はず。

以下読書メモ
続きを読む
[2007/01/21 22:43] ブックレビュー | TB(1) | CM(3)

今日の気になる 

ペットボトル牛乳、秋にも 食品安全委が解禁案
こいつぁいい!買いだね!賞味期限にだけは注意!(苦笑)

ダスキン株主代表訴訟、元専務らの賠償53億円に半減・二審

適切な措置を取っても信用失墜はあったとして認容額は一審の半額に減額したが、早期の事実公表や回収を怠った注意義務違反を認定した。
判決は「隠ぺいは食の安全衛生に関する消費者の心理を無視したものだ」と指摘。不二家の消費期限切れ原料の使用などが表面化するなか、食品会社に厳格な法令順守(コンプライアンス)を求めた。

不二家事件とは直接関係ないでしょう。判決の内容が決定されたのは、事件よりかなり前だと考えられるし。意図的にミスリードを狙ってるのかな。やだねー、マスコミって。

菊地成孔さんインタビュー「好きなことを仕事にするということ」

心理ハック-自分を印象づける6つの方法-

1不安を丸出しにしない
 不安というものは伝播しますが、誰も不安になりたいとは思いません。

2お日様のようなムードをフェイクする
 嘘でもいいから、明るく振る舞いましょうということです。

3アイ・コンタクトは重要

4相手と同期する(調子を合わせる)
 人は、自分と似た波長の人を、やはり好むものです。それに、そうした人との方が、つきあいが長く続きます。

5度を超さないようにしつつ、お世辞を振る舞う
「お世辞を言われて、悪い気はしない」と述べられています。まあ、そうですね。「たとえ分かっていても、やはりお世辞は気持ちがいい」と念押しもされています。褒めるのはなるべく、相手の業績や、達成した事柄について。何でもかんでも、誰でも彼でも褒めていては、お世辞の価値を損ないます。

6失敗したら、やり直す

 

「NSCに情報共有など3機能」指摘 防衛研報告

 いずれのNSC型組織も米中央情報局(CIA)や英国のMI6などの情報機関を下部に抱えている。
 NSCは国家の安全を左右する機密情報を扱う一方、各省庁の混成組織でもあるため、情報共有の徹底のため情報管理法制も整備している。
 また、武力衝突やテロに対しては、関係省庁への横断的な対応が速やかに求められるため、最高首脳直属の組織を強化する傾向にあるほか、安全保障にかかわる具体的な政策や法律の企画・調整機能も兼ね備えている。



証券監視委への通報急増、05事務年度は7526件

携帯と固定電話一体型サービス、総務省認可へ

新サービスが認められれば、NTT東西地域会社などの固定電話専業が実質的に携帯電話に進出する道が開ける。



浜松のひき逃げでブラジル検察が起訴、初の代理処罰へ

「故宮にスタバ」場違いですか?…中国で論議
[2007/01/19 23:31] 日々考察 | TB(0) | CM(1)

JYONGRI 

R25今週のBeautiful Girlは、JYONGRI(ジョンリ)さん。
歌手だそうです
ていうか、最初JYONGRIって、「じぇい・よんぐり」と読むものだと(爆)可愛らしいアーティストさんですね。

Jyongri - My All For You

[2007/01/18 21:12] 未分類 | TB(0) | CM(1)

可哀想なベッカムなど-今日の気になる 

ベッカム他のオファーなし レアル会長が“暴露”

 【マドリード16日AP=共同】サッカーのスペイン1部リーグ、レアル・マドリードのカルデロン会長は16日、元イングランド代表主将のMFベッカムが今季終了後の移籍先に米プロリーグMLSのロサンゼルス・ギャラクシーを選んだのは、他クラブからの獲得申し入れがなかったためだと明らかにした。
 同会長はスペインのラジオ局に「彼が契約切れになるのに世界中の強化担当者が誰も欲しがらなかったのは、彼をチームに残さないと判断したわれわれの強化スタッフの正しさを証明している」などと語った。
 レアルは当初は2年間の契約延長を提示したが、カルデロン会長は放出がクラブとしての決定だったことを示唆した。同会長は「彼はハリウッドに住む映画俳優にでもなるつもりだろう」と切り捨てた。

こりゃひどい・・・クラブのトップがするべき発言とは思えない。ベッカムはすごくショックだろう。レアルの不調の原因が何となくわかった気がする。このような、選手への敬意が無いフロントではねえ・・・プロ野球の巨人と似たような問題を抱えているのかもしれないなあ。


公取委、国交省に官製談合防止法適用へ・水門談合
中央省庁では初とのこと。やれやれ。

◇官製談合防止法

 国や自治体、国などが50%以上出資する法人が対象で、北海道岩見沢市(03年)、新潟市(04年)、旧日本道路公団(05年)に適用された。(1)談合させる(2)落札業者を事前に指名する(3)予定価格などの秘密を漏らす--などを禁じ、適用を受けた発注者は、改善措置の策定や関与職員への賠償請求などを義務付けられる。これまで談合に関与した公務員は業者との共謀やほう助犯として罰せられてきたが、自民党の独占禁止法調査会は「懲役5年以下または250万円以下の罰金」を新設する改正案を決定した。
毎日新聞 2006年2月17日 東京朝刊より。


参考:入札談合等関与行為防止法についてのQ&A

手形代わりにネットで取引…「電子債権」導入へ要綱案

求人の年齢制限禁止を自民検討

[2007/01/17 20:36] 日々考察 | TB(0) | CM(1)

Melancholy of Haruhi Suzumiya 



今号のダ・ヴィンチの特集にこんなのが。
「涼宮ハルヒが微笑むと世界が輝く」
はて「涼宮ハルヒ」?と調べてみると、どーやらすごいアニメらしい。
エヴァンゲリオン以来の。
で、You Tubeでちょこっと見てみた
うん、こりゃあ、確かに面白いや。

まあ、いまさら普通にアニメ動画を紹介するのもどーかなって気もするので、The Veronicas(オーストラリアのガールズ・デュオ。ちょっとセクシーなTA.Tuっって感じもするかも(苦笑))の4Everに合わせて作成されたPV風の作品を。You Tubeでたまたま見つけたんだけど、これ、かなりかっこいいね。ていううか、涼宮ハルヒ云々より、このThe Veronicasを紹介したかっただけです・・・
The Veronicas + 涼宮ハルヒ

The Veronicas"4Ever"

なぜこの店で買ってしまうのか 


知的興奮度:★★★★☆

小売店を営んでいるような方には、バイブルとなりうる書籍ではないでしょうか。徹底的なフィールドワークに裏付けられた記述は、まさに「ショッピングの科学」。事例は、基本的にアメリカでのであるが、日本でも十分に応用可能だろう。また、本書にを読んでからセブンイレブンや伊勢丹なんかに足を運ぶと、いろいろな発見があるだろう。
店舗経営者としても、消費者としても、十分に楽しめる一冊だ。

以下、本書から得られた示唆

・自分の真の顧客を見極め、その行動を徹底的に調査しよう
・店の都合ではなく利用者の利便性を追求しよう
・店での滞留時間、店員の応対が多いほど売り上げが上がる。
・待ち時間が長いと、「サービス全体に対する」印象が悪化する。
・一般に新規顧客の開拓は困難である。むしろ、既存顧客に「ついでにあともうひとつ」買わせるためには何をすべきかを考えよう。
・店作りは、客の行動順序に沿うように。


[2007/01/15 23:39] ブックレビュー | TB(0) | CM(1)

プロダクト・デザインなど-今日の気になる 

au design project」の4モデルがMoMA (ニューヨーク近代美術館) のコレクションに選定
選定されたのは、「INFOBAR」、「talby」、「neon」の3製品と「MEDIA SKIN」のコンセプトモデル。au design projectは前から追いかけ続けていて、特に「talby」がお気に入りだったなあ(今は「neon」を使用中)。「talby」、「neon」はたまに店頭で見かける。今のうちに買っておくと、転売が狙える、かもね。というか、MoMA選定でこれらのケータイの価値が跳ね上がるようならば、名実共にCool Japanといっていいかもしれない。

日本のプロダクト・デザインは世界最高水準にあるそうだ。


おっと、こんなニュースも
高級欧州車、デザインは日本人 アウディ・BMWで

日本メーカーが流行を素早く取り入れようと開発期間を短縮しているのと対照的に、時間をかけて「流行にとらわれないデザイン」を追求できる環境が魅力なのだという。



従業員の発明や開発、企業の評価はまだまだ低い?

「従業員の発明開発への企業の対応に対する働く人の意識を探る」をテーマに調査を実施したところ、日本の企業の従業員の発明・開発の対価は低すぎるという回答が全体の7割以上となった。

アンケート回答者は、発明の対価をアップさせるということは、発明できない従業員の給
与が下がることであることを認識しているのだろうか。
発明報酬を得られるほどの技術者はほんの一握り(ひおとつまみ?)であろう。その人に報いるためには、従業員に回るパイが大きくならない限り、「その他大勢」の給与を削る必要がある。

Steve Jobs はなぜ説得力があるのか
 (from maclalalaweblog 1/14の記事

・練習
・シンプルで効果的な視覚効果
・ポイントを繰り返す
・間をとって聴衆の想像をかきたてる
・競争相手との比較



日航、600億円融資要請・今期中、社債償還に備え

イオンクレジット、イスラム金融で資金調達

不二家社長が引責辞任を表明 消費期限切れ牛乳使用問題

三菱UFJ、2070億円の資本増強発表
[2007/01/15 23:17] ブックレビュー | TB(0) | CM(1)

今日の気になる 

細菌基準10倍で出荷 不二家、社内連絡が不徹底
あーあ、こりゃいかんわ・・・問題は、単なる賞味期限切れだけではなかったのね。

三菱電機、三洋に販売逸失利益請求へ 携帯電池破裂
どのような契約で調達しているかにもよるが、なんでもかんでも調達先にリスクを負担させるというのは厳しすぎるのではないか。三洋には、もちろん、メーカーとしてきっちりした品質のものを作る責任があるけれども。

OZMAがNHK出入り禁止へ

今後は、生放送の歌番組に出演する歌手と「放送にふさわしくないことはしない」などの覚書を交わすという。



労働時間規制除外、企画など5業務対象・厚労省方針

制度の対象となるのは「企画、立案、研究、調査、分析」の5業務。これらの職種は社員が労働時間をある程度自由に設定しながら仕事を進め、その成果も評価しやすい。

えーと、あらゆる仕事に「企画、立案、研究、調査、分析」の要素があると思うんですけど・・・
あてになる評価システムなんて、全く出来上がってないと思うんですけど・・・

NYダウが史上最高値更新、1万2514ドル

都心オフィスビル、空室率3%割れの「貸し手優位」

スティール、28銘柄の保有目的で経営関与を鮮明化

外国人の株売買が過去最高、国内3市場で54%

個人の景況感また悪化、「景気良い」わずか13%

IBM、2006年の特許取得件数で14年連続トップ

IBMは米国時間1月10日に、同社の特許件数を発表する計画だ。第2位はサムスン電子で2453件、続いてキヤノンが2378件、松下電器が2273件、Hewlett-Packardが2113件、Intelが1962件、ソニーが1810件となっている。


[2007/01/12 09:53] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

迷いと決断 



オススメ度:★★★☆☆

あるときは「世界最高の経営者」といわれ、またあるときは「世界最低の経営者」と評された出井氏による、ソニーとの格闘の記録。特に、ソニーの社員は、出井さんからストリンガーに託された想いをうかがい知るためにも読んでみたらいいじゃないかな。
それほど分厚い本ではないので記述は薄いものの、自らを「ソニー初のプロフェッショナル経営者」と称すだけあって、経営について非常によく勉強されたんだな、ということが伝わってくる。たんなる精神論ではなく、自分がどのような戦略を、なぜ選択したのか。具体的に記述されている。意外に勉強になる。また、自画自賛に終始せず、率直に反省の弁が述べられたりもしている。やっぱり、「ソニーショック」以後のマスコミからの袋叩きは相当応えたんだろうな・・・

以下個人的読書メモ

・あくまでソニーのターゲットはコンスーマーである。コンスーマーの心をつかむセンスが大切であり、ノーベル賞級の先端技術は必要ない。
・過去を否定しない。
・グローバル企業は異なる価値観のぶつかり合う組織であり、それを統治するにはコーポレート・ガバナンスの仕組みづくりが大変重要である。
・ネット産業は、トラフィックが増えるほど価値がある。何百万人が集まる場では、様々なカタチでお金が動く。そのこと自体にバリューがある。この性質は、金融に近いものである。
←僕みたいな素人にとっては、非常に「ガッテン」な説明だ。googleがなぜYou Tubeを買収したのか、ということについても、納得のいく説明のひとつといえるだろう。70歳のおじいさんに教えられるとは・・・ベンキョーしなきゃね。


[2007/01/11 20:50] ブックレビュー | TB(0) | CM(0)

さっそくiPhoneに危機など、今日の気になる 

シスコシステムズ、iPhoneの商標権侵害でアップルを提訴
キター!!さすがだね、シスコ。
事態がどう収束されるのか、交渉の行方を見守りたい。
大々的にiPhoneの名称を使い始めたアップルとしては、今更名称変更という選択肢は無いはず。訴訟で徹底的に争うにせよ、シスコに和解金を支払うにせよ、かなりのコストを払うことになるのは確か。それでも「i」の名を冠することにこだわったこのブランディング戦略は、かなり面白い事例になりそうだ。

日本版NSC関連法案、通常国会提出へ 政府方針 政府は10日、日本版NSC(国家安全保障会議)の創設に向けて、官邸機能を強化するための関連法案を3月中旬までに通常国会に提出する方針を決めた。塩崎官房長官が同日、自民党幹部に伝えた。現在の安全保障会議(議長・首相)の改革や首相補佐官の権限強化が柱で、安全保障会議設置法や内閣法などの改正を検討している。

ようやく、といった感じだ。日本でもいつテロが起こってもおかしくないからなあ。

派遣社員の事前面接解禁へ・厚労省検討
ホワイトカラー・エグゼンプションが潰されたと思ったら、こんなところでまた企業に都合のいい改正が・・・労働法制の大転換、やはり流れは変わらないだろう。

不二家、期限切れ牛乳使用 シュークリーム2千個に
別に賞味期限切れてるからって、即問題とはならないでしょ。たとえ賞味期限内であっても有害な細菌が発生することもあるし。
むしろ、これを機に、細菌検査など品質維持・向上にむけた取り組みがきちんとなされていたかどうか、という点をきちんと調査・評価してほしい。

いじめの定義をより広範に 文科省、「見逃し」を懸念
これを機に、大人社会でもいじめを根絶するように働きかけていただきたい

動産担保融資、地方で急増・上期は2倍超す

米デルタとノースウエスト合併交渉か・米紙報道

「70歳雇用」普及へ、定年延長の中小企業に助成金

定年が65歳未満の中小零細企業が、70歳以上に定年を延長したり、定年後も70歳まで継続雇用したりすることを就業規則に明記すれば、企業規模に応じて160万円、120万円、80万円のいずれかを助成する


たったこれっぽっちの助成金でどないせいと?
[2007/01/11 20:17] ブックレビュー | TB(0) | CM(0)

レバレッジ・リーディング 


前に、「レバレッジ・リーディング」について、端的に言うと「素晴らしい!」てな書評を書いたわけだが、同書に関連して404 Blog Not Found「多読って何冊ぐらいから言うのか知らん」てな興味深い記事が。
「レバレッジ・リーディング」の著者である本田さんがビジネス書年400冊なのに対し、404 Blog Not Foundのdankogaiさんは月100冊以上とのこと。年1500冊ペースか。。
で、

(「多読」を謳っている本田さんに対し)年間400冊、それも「消化のいい」ビジネス書で本を読んだつもりになれるとは、ずいぶんと甘い投資に思えて仕方が無い。


とバッサリ。(まあ、本田さんはビジネス書以外も読まれるとは思うので、もう100冊/年ほど足して、漫画はカウントしないとすると、おふたりの読書量の比は2対1になるかならないか、だとは思うが。)
そして、1日12冊以上という「溺読生活」から得た真の本の楽しみ方を説き、「投資」としての読書を批判する。

読書を投資として自らに「課する」人よりも、本に囲まれていることを「楽しむ」人の方が、本から得ているものは大きいように思える。そのためには、まず本に囲まれるということがどういうことかというのを味わった方がいい。高価な本どころか、自分の本である必要すらないのだ。


まあ、お二人は読書に対するスタンスが全く違うので、dankogaiさんの批判はちょっと的をはずしている気がするなあ。
個人的に、お二人のうちどちらの意見に共感を覚えるか、というと、本田さんになるのかな。
「年間1000冊以上」を10年単位で続けてこられたdankogaiさん的な「読書の楽しみ方」は僕には無理。そんなに早く読めない。特に面白い小説を読む場合、自然と本を読むスピードが下がる。すぐ読み終わるのはもったいないやん。あと、安く「本に囲まれた生活」をしようにも、しんとした図書館は何か苦手なんだよなー。「電車で30分~60分・集中して読む」というのが一番性に合う。
ジャンルが専門書・実用書・ビジネス書であれば、「レバレッジ・リーディング」の方法論で全然いいと思うけどね。ま、これは、「溺読」なんて境地に至ることのできないなんちゃって本好きの、dankogaiさんに対するひがみも入ってますな、ハイ。
[2007/01/10 21:52] ブックレビュー | TB(0) | CM(0)

iPhoneに興奮!な今日の気になる 

ジョブズがついに「iPhone」「Apple TV」を披露
携帯電話に「iPod」内蔵、アップルが米で発売へ

(iPhoneは、)「ビデオiPodと、普通のiPod、電話の機能を持ち合わせている」とJobs氏は述べた。

アップルの携帯電話機は、同社が運営する世界最大のインターネット音楽・映像配信サイト「iチューンズ」から楽曲やテレビ番組などを取り込んで楽しめるのが特徴となる。


これらの機能は、iTunes以外、既に世に出ているケータイが十分にカバーしている気がする。まー売れるだろうけれど、どこまで革新的なガジェットになるのかよくわからんな。ただ、MacOS Xを搭載ってのはものすごい。ケータイっつーよりかは、ウルトラ・スマートフォンといったほうがいいのだろう。
規格等の問題で日本での発売は2008年以降になりそうだとのこと。このことは、Appleファンには歯がゆいかもしれないが、売り上げ的には吉と出るかもしれない。日本ではようやくスマートフォンが市民権を得始めたところだからね。
これから1年かけて、日本でのスマートフォンの認知度上昇
 →その間アメリカでiPhone大ヒット
 →日本の幅広い層がiPhoneを渇望するようになる
 →2008年冬、ようやく日本市場投入で超メガヒット!!
てなシナリオになれば、Appleとしては万々歳、じゃない?

iPhone発表で大興奮!なひとたち
江島健太郎さんのblogGIZMODOのMacworld2007レポートなんかを参照のこと。

ネガティブな意見もご紹介
「iPodマジック」は起こらない--アップル製ケータイを待ち受ける壁

・携帯電話はすでに完成されており、かつてiPodが音楽プレイヤーにもたらしたような革新を起こす余地はない
・携帯電話に強く求められる信頼性をクリアすることはAppleには困難なチャレンジとなるだろう



iPhone、Apple TVっつー、非常に利益率の高そうな商品が発表された裏側で、従来型のTVはさらなる体力戦の様相・・・
松下がプラズマパネル新工場、尼崎に2800億円投資

-----------以下、通常の法務ニュース---------------------------

繁殖業者の犬で「ブルセラ症」が集団発症 大阪
すんません、「ブルセラ」に反応してしまいました・・・

不動産価格ネット公開、07年度から全国で・国交省方針
開示される情報は、登記簿情報に加え、取引価格、面積、最寄の駅までの時間、接する道路の状況等だそう。(丸の内ビジネスマンの独り言で知りました~。)

メールでテロ警戒情報を提供 英のMI5が新システム
なんか、テロって日常の光景になってしまうんだね。

簡裁の督促効果大、NHKが受信料100億増の見通し

労働時間規制除外制は導入見送り、選挙控え政府与党方針

最低資本金5億円で調整、電子債権管理会社の参入条件

東京地裁を名乗り架空請求、メールで「支払命令」

みずほ証券と新光証券が合併へ 国内3位の証券会社に

米での原発建設に協力、日米閣僚合意へ
[2007/01/10 21:32] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

マルドゥック・ヴェロシティ 



深夜1時から読み始めて気がつくと朝8時半。ええ、おかげさんで、重役出勤ならぬ「セレブ出勤」と相成りましたよ。ハイ。勤め人には平日の夜に読むことをオススメしない。確実に遅刻するから。

前作「マルドゥック・スクランブル」で最強の敵役として登場したボイルドの過去を描く、とてもとても悲しい物語。
前作で「楽園」として描かれた場所を離れ、自由を求めて仲間とともにマルドゥック・シティに降り立ったボイルド。そこで待っていたのは闘いの日々。相手は、ボイルドに比肩する戦闘力と最悪の拷問ノウハウを持った異形の集団“カトル・カール”、そして都市の闇そのもの。
苛烈な闘いで仲間を失い、愛する人を喪くし、、、そして、“パートナー”ウフコックとの別れ。
虚無が、ボイルドを、深く深く覆い尽くしていく。その描写に、読者は圧倒されるだろう。
[2007/01/09 21:37] ブックレビュー | TB(0) | CM(0)

ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) 

ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない)
渡辺 千賀 (2006/12/08)
朝日新聞社
この商品の詳細を見る

本書を読んだ目的
・個人的に、雇用環境の激変を予感している。というわけで、「いわゆる日本的な働き方」とは180度逆を行っている(という印象を、僕は持っている)シリコンバレーの空気を1mmでも感じ取れれば、と。

内容については、ご本人のblog"On Off and Beyond"の2006年12月26日の記事をご参照あれ。「話題の新書をササっと読みたい」ということであれば、ここに書いてある内容で十分だろう。
しかし、本書の魅力は、そのような「なんとなくどっかで聞いたよーな情報」にあるのではない。軽く、底抜けに明るい文章。非常に読みやすい。その巧みな文章が、彼の地で自分の手で事業を回しているからこそ分かるシリコンバレーの「空気感」を、真空パックで読者にお届け
内容は、シリコンバレー精神ウェブ進化論と同じく、僕にとっては恫喝。でも読後感は不思議に爽やか。そんな感じだ。

以下個人的読書メモ

・決まりきった質問に、決まりきった回答をする、というような、機会で置き換えられる仕事は、ITによる生産性の向上によりどんどんなくなっていく。
・シリコンバレーでは技術者が神様。経理や人事総務、そして社長でさえも、技術者のサポート機能でしかない。
・シリコンバレー・ベンチャーの特徴は「低燃費」=ハイリスク=短期での投資回収・ハイリターンが求められる=能力と給料の高い人材をガシガシ使ってどんどん事業を回す必要がある。「金で時間を買う」という発想。←だからM&Aにも馴染みやすい?
・シリコンバレーは多元的な社会=「互いに理解できないのは当たり前」という発想からスタートし、積極的に分かり合えるところ、協力し合えるところを探すという姿勢がある。
・必要なときに必要な人材を雇い、いらなくなったら解雇する。この人件費の流動費化が、アメリカで最も進んでいるのが、シリコンバレーである。
・交渉下手の日本人は、シリコンバレーでも安く使われる傾向がある。
・老後も今の生活レベルを維持したいのであれば、年間の税引き前収入の1/4を貯蓄・運用に回すべし(ただし、利回り7%・インフレ率3%が前提)。 ←うげぇ!!
・商売の基本は「安く買って高く売る」。まずはクリエイティビティより情報力である。
シリコンバレー的働き方
1.仕事のルール
・自分と異質な人を、異質なまま受け入れる(分かり合える何かを探す・変わった人を面白いと思う) ←他人を他人として尊重する。
・情報の裏をとる
・情報をオープンにする
・自分の能力よりちょっと高めの目標を与えてくれる場に身を置く。
・英語
2.転職
・大変化を一気に起こすのは失敗の元。すこしずついろいろな仕事を試してみる。
・自分にはどうしようもないこともある
・たつ鳥あとを濁さず
なるべく楽にやっていくために
・体力
・文句を言わない:無駄なパワーを惜しむ=文句を言ってちょっとずつガス抜きをすると、いざというときに変化を起こすパワーを失ってしまう。 ←新感覚!!そういやテリー伊藤の負の力にも同じようなことが書いてあったような・・・
その他
・周りはみんな努力している。努力だけでは人を陵駕出来ない。ではどうするか。ラッキーであることが大事。そのためにはどうするべきかというと、「ラッキーなふりをする」のが鉄則だ。まずはカタチから。調子が悪くても人にそれを言わず、ラッキーであろうとする。そうすると、本当にラッキーになる。←ラッキーをつかみ取る技術再読しようか。。。


[2007/01/08 20:05] ブックレビュー | TB(0) | CM(0)

わたしを離さないで 

わたしを離さないで わたしを離さないで
カズオ イシグロ (2006/04/22)
早川書房
この商品の詳細を見る

わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる
My Life Between Silicon Valley and Japan
などで、2006年のベストに挙げられていることもあって、読んでみる。
カズオ・イシグロの名作とされている日の名残りのほうは、実はよく分からなかった。(これはイシグロのおおきな特徴なのだが)語り口が抑制されすぎというか、傾斜に気付かないくらいものすごく緩やかな坂を下りていくような展開に、正直いらいらを覚えた。
そういうこともあって期待値がやや下がっていたという可能性はあるかもしれないものの、いやいや、やっぱりこれはスゴイ本ですわ。
やがて明らかになっていく衝撃の真実。それが、読み手にページをめくることを強いる。したがって、同様におそろしく抑制された筆致であるものの、「日の名残り」に比べて格段に読みやすくなっている(まあ、翻訳のクセもあるだろうが)。しかし、物語の深みは、明かされた真実そのものにあるのではなく、それが読者の心を抉って作った穴の奥にあるのだ。
上記2つのblogでも言われているように、一切の予備知識なしで読むべきだと考えるため、ストーリーは書かない。だから以下で僕が何を言っているのか分からないかもしれないが、それでも、書き残しておきたい。

・僕は日々悩む。「僕は、何をなすべきなのか、なぜ生まれてきたのか、そしてどこに行くのか。マルドゥック・ヴェロシティ風に言えば、自分の“有用性”を捜し求める。見つからない。暗闇。虚無。でも、悩みもがくことを、探すことを、やめれない。答えは無いけれど。
・他方、この物語に登場する彼ら/彼女らには、明確な“使命”がある。そのために、生き、死んでいく。明確な目的が、有用性がある。
・決定的な違い、のように思える。しかしそう断じることに違和感。本当にそうなのか?どちらであっても、ただ、懸命に生きようとしている。生きる。暗闇であってもなくても、明確な有用性があろうとなかろうと、等しく生きるために生きている。

で、月並みだけど、僕は強く思った。「元気付ける」ってタイプの物語じゃないからとても不思議なのだけれど。

・生きよう。辛いことばかりだとしても、自殺なんかしちゃいけないんだな。


[2007/01/07 21:30] ブックレビュー | TB(0) | CM(0)

冬休みの課題図書一覧 

冬休みは風邪引いちまってまさに寝正月。
大晦日~3日まで寝っぱなし!
4日から会社だったけど、咳と頭痛・耳鳴りが酷くて休んじゃったさ。
でもなぜか食欲は落ちなくて、結果食っちゃ寝食っちゃ寝で醜い豚になりにけり・・・
とりあえず、DMC以外に寝ながら読んだ本一覧。どれも面白かった!そのうちレビューを書こう・・・つーか、いい加減、法律の本読もうよ。オレ・・・

[2007/01/06 00:17] ブックレビュー | TB(0) | CM(0)

デトロイト・メタル・シティ 

デトロイト・メタル・シティ 1 (1) デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
若杉 公徳 (2006/05/29)
白泉社
この商品の詳細を見る

2007年一発目のぶっくれびゅー。
冬休みの課題本のひとつとして選んだのが、各所で激賞されている(例えばココアソコ)「DMC」である。(おそらく)世界初のデスメタル・ギャグ漫画だ(これを新年の一発目のレビューに選ぶ自分はどうかしているのは確か)。
普段はカヒミカリィ好きの、マッシュルームカットななよなよ童貞男・根岸。そんな彼が、額に「殺」の字を書き入れた瞬間、デスメタル界の頂点に君臨せんとする最強バンド、デトロイト・メタル・シティのVo.&Gである「クラウザーⅡ世」と化す!そして、名台詞「SATSUGAIせよ!」、「1秒間に10回レイプ発言」、「FUCKの発音がネイティブより上手い」etc..ファッキンなファンと共にとんでもない伝説が紡ぎだされていく。本当はスフレンチ・ポップのバンドがしたい、本心とは真逆の展開にはまり続ける根岸の苦労に・・・とにかく笑える!こいつぁは間違いなく面白いゾ!!続きを読む




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。