スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

恥ずかしながら 

アニメに感動してしまった。。。
そのアニメの名は天元突破グレンラガン
日曜朝からやっていた、どうやら児童向けのロボットアニメのよう。

しっかし、これが面白い、熱い。迂闊にも何度か涙を流した(T0T)
未見の方は、是非。
お前のドリルで天を衝け!
スポンサーサイト

[2007/11/07 22:34] 未分類 | TB(0) | CM(4)

秋、それは芸術 

と、いうわけで、今日は会社をサボって(苦笑)行ってきました
PHILADELPHIA!
平日なのに予想以上の人出でびっくりした。
おじさんおばさん、みんな元気だわ。

全部で77の作品が展示されており、ヴォリュームたっぷり。
セレクトのセンスも良く、流石はフィラデルフィア美術館である。
で、個人的オススメは以下5点!
ココでチェックできるよ)

○モネ「アンティープの朝」
  :美しい朝の光が見事に描かれている。
   見ていてとてもすがすがしくなる作品。
   見る人皆がうっとりしていたなあ。
○ピカソ「三人の音楽師」
  :キュビズムの到達点のひとつといっても過言ではない。
   しかし、何よりそのモダンで洗練された色遣いに感動。
   最高にお洒落な作品だわ。
○モディリアーニ「ポーランド女の肖像」
  :肉感的で美しいルノワールの肖像画とは対極的で、
   異形とすらいえる独特の表現。
   なぜか見入ってしまった。
○ミロ「月に吠える犬」
  :強烈にモダンで洒脱。
   bonnie pinkの「犬と月」を思い出した(笑)。
○ルノワール「アリーヌ・ジャリゴの肖像」
  :ルノワールの奥さんを描いたもの。
   彼の肖像画って、嫌いではないのだけど、依頼主を
   気にしてか実際以上に綺麗に描かれている気がする。
   それに比べて本作は、
   奥さんの魅力を誇張せず真正面から描ききっている
   ってかんじが滲み出いて、微笑ましく感じた。


[2007/11/06 22:44] 未分類 | TB(0) | CM(2)

自由とは何か 

自由とは何か―監視社会と「個人」の消滅 (ちくま新書 680) 自由とは何か―監視社会と「個人」の消滅 (ちくま新書 680)
大屋 雄裕 (2007/09)
筑摩書房
この商品の詳細を見る

金融という、がちがちの業界(と少なくともぼくは思う)業界に籍を置いて早六箇月。規制と自由と責任の関係について何となく考えていたところでもあるので、手にとってみる。
浅学な私がどうこう言える内容ではないが、非常に興味深く読むことが出来た。非常に深いテーマにも関わらず、新書というフォーマットに適した文体と記述の平易さは特筆ものだ。流石。

そういえば、僕は大学では法哲学のゼミに所属していたんだな・・・卒業して5年、早くも忘却の彼方に消えた記憶をかすかに思い出させてくれた一冊でもある(笑)。
[2007/11/04 19:38] ブックレビュー | TB(0) | CM(3)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。