スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日の気になる 

CNET、ストックオプション関連で財務報告書の修正・再表示へ

同社が声明で「過去の利益を減額修正する」としたことは、ストックオプションの行使価格を付与日の時価より低い価格に設定していたと事実上認めたことを意味する。過去の会計基準では一般に、ストックオプションの費用計上は時価より低い行使価格のストックオプションを付与した場合だけに義務づけられていた。
 CNETには、もう1つの問題があるかもしれない。過去のSECへの提出書類では「ストックオプションは時価で付与した」とある。だが同社の今回の発表は、時価と異なる行使価格を設定したストックオプションを付与していたことを示しているため、利益の修正が大幅になれば、証券詐欺に問われる可能性がある。


監視委、金融庁との連携強化・今年度の検査方針 

証券取引等監視委員会は11日、今事務年度(2006年7月―07年6月)の検査方針を発表した。金融のコングロマリット(複合)化の動きをにらみ金融庁との連携をさらに強化するほか、証券会社による不正も厳しく取り締まることなどが柱。不動産投資信託(REIT)など市場での存在感が近年高まっているような業種のチェックも積極的に進めていく方針だ。
 検査を進める上で特に注意する点として、不正を防ぐ「内部統制」の仕組みが整っているかどうかの検証をあげた。REITについても一部で開示書類の改ざんが起きていたこともあり、「関心を持って検査・監督していく」(幹部)との認識だ。


こんだけいろいろと規制がなされるということは、逆に言えば金融はズルしやすい業種なのかも。
「〓」にサヨナラ――携帯メール絵文字の相互変換が可能に 

NTTドコモとKDDIは11日、絵文字が入った携帯メールを他の携帯電話会社の利用者に送信する際に、他社で使う絵文字に自動変換するサービスを始めると発表した。NTTドコモは12日に、KDDIは9月5日に始める。サービスを利用するための申し込みは不要。ボーダフォンはすでに2005年11月から第3世代携帯の利用者向けに自動変換サービスを提供している。


絵文字なんて使えないおじさんですが、何か?
「社会奉仕」など刑罰多様化を諮問・法相が方針 

杉浦正健法相は11日の閣議後の記者会見で、刑務所の過剰収容対策や犯罪者の社会復帰の促進策として、懲役刑や罰金刑などのほかに「社会奉仕命令」を新設したり、刑務所に収容せずに自宅や専門施設で一定の義務を課すなどの刑罰の多様化について、法制審議会に諮問する考えを示した。


刑法の授業でこういったハナシがあるということを習った記憶は無い。来年法案提出か…最近の法改正は本当に速いなあ。理論がついていけるのだろうか。学者の仕事はどう変容していくのかしら。
スポンサーサイト

[2006/07/11 21:57] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://29ch.blog65.fc2.com/tb.php/167-be70e1a2






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。