スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「技を盗め!」では、技は盗めない 

豊嶋建広氏(麗澤大学教授・早稲田大学講師)のコトバ
仕事をする上でも参考になるだろう

「『技を盗む』とは、うまい人の技を見て、それをまねて、繰り返し練習して自分のものにすることですが、この説明では不十分です。技を『盗む』わけですから、用意周到な準備から始めなくては。8段階をまとめると次のようになります。(1)技を盗む準備をする。(2)ポイントを絞って注意深く見る。(3)技を記憶する。(4)見つけた技が、自分の体格、体力、素質に合うかを判断する。(5)まねをする。(6)(5)の中で、自分にあった技をアレンジしていく。(7)実戦で試してみる。(8)手応えを感じ、繰り返す。そして、この8段階を実施して、見つけたい技がものにならない場合は、(1)~(8)のどれが悪いかをチェックするというものです」


「盗みっぱなし」にしないで、盗んだ技が身に着くように、PDSサイクルを回すことが重要ということ
スポンサーサイト

[2006/08/03 22:35] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://29ch.blog65.fc2.com/tb.php/206-1a47eb86






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。