スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日の気になる 

王子製紙、北越買収断念の公算…週内に条件変更を判断

パロマ工業に回収の緊急命令検討 経産省、月内にも決定

命令が出されれば、昨秋の松下電器産業の石油暖房機に続き2例目となる。


消費生活用製品安全法82条に定められた権限である。
しっかし、行政法っていっぱいあるねえ。。企業のひとってみんな把握しているのかなあ。自分は法務セクションにいるけれど、基本的には契約書の検討と訴訟管理とか紛争処理がメインで、このへんの行政法まではぜんぜんわかんないや。これで「実務家」を名乗っていいのだろうか。仕事がほしい。

児童・生徒の自殺防げ・文科省、対策マニュアル作成へ
いままでマニュアルが無かったことが不思議だが・・・
型にはめきったもんでなく、生徒ひとりひとりの実情に合わせた対応を可能とするマニュアルになることを望む。しかし、そのためには、生徒と教師・学校、さらには家庭その他各生徒のコミュニケーション環境が健全でないと。卵が先か鶏が先か・・・

社員のウェブ閲覧、大企業の8割が管理
監視するのは結構。しかし、物理的に見れなくするのはどうかと思う。2ちゃんねるとか、大半の情報はクソでも仕事に役立つ情報が得られるサイトもあるのだが。。

監査法人、情報開示義務付け・金融庁検討

不正行為を防ぐ仕組みなどを年1回、公開するよう求める。監査上のトラブルから損害賠償請求を受けるケースも相次いでおり、財務諸表の開示も義務づける方向だ。


仮に、財務諸表を開示したことにより体力のある監査法人へのシフトが長期的に進んだとしたら。競争が無くなることで監査の質が低下することにならないだろうか。
また、財務諸表が公開されることで、財務諸表分析が可能となり、各法人の「経営成績」が明らかになるだろう。(まあ、B/S、P/L両方開示されないと難しいが。損害賠償に耐える体力を測定するならB/Sだけで十分か。。)そうすると、「効率的な経営」ができていないと評価された監査法人は何らかの形で叩かれることが予想できる。その場合、監査法人が経営の効率化を追求しはじめるかもしれない。(株式会社じゃないから利益至上ではないだろうけれど、やっぱり儲かってない監査法人はカッコ悪いし、採用でも不利になるかもしれないしね。)で、監査法人の経営の効率化は、果たして監査の質の向上に結びつくのかしら。利潤追求=悪とは思っていないけれど、監査法人としては新時代に突入するかもしれないので、すこし気になる。

金融庁、来年度予算で195人増員要求

金融庁、貸倒引当金の無税償却拡大を要望へ

銀行資本の質を分かりにくくしているとされる「繰り延べ税金資産」の膨張を食い止めるのが狙い。



学研、受験塾事業に進出・「桐杏学園」など買収

教材づくりのノウハウを生かし、幼稚園から大学までを対象にした受験指導ビジネスの一貫体制を築く。


幼稚園から大学まで・・・まさに、「囲い込み」ですなあ。
スポンサーサイト

[2006/08/28 23:01] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://29ch.blog65.fc2.com/tb.php/232-14f31ebe






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。