スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日の気になる 

東京高裁裁判長が和解促す・住友信託と旧UFJ訴訟
う~ん、やっぱり裁判所としては和解促しますか。。当事者には是非がんばってもらって、先駆的な判決に至って欲しいなあ。

暴力ゲームの未成年者への販売を禁じるルイジアナ州法に違憲判決--連邦地裁

 連邦裁判所はルイジアナ州に対し、暴力シーンを含んだビデオゲームを未成年者に販売することを禁じる新しい法律の施行を一時的に差し止める判決を下した。
 ルイジアナ州バートンルージュのJames Brady地裁判事は米国時間8月24日、Kathleen Blanco州知事(民主党)が6月に署名した法案に対し、仮差し止め命令を出した。この法案では、「成人社会における一般基準に照らし合わせて、明らかに攻撃的で、未成年者に不適切な暴力シーンが含まれる」ビデオゲームを未成年者に販売した者は、100ドルから2000ドルの罰金および1年以下の懲役を科すとしている。
 ビデオゲーム業界には、「(同法案が)米憲法修正第一条に違反している」と主張し、証明するだけの十分な可能性がある、とBrady判事は28ページに及ぶ差し止め命令の中で記述している。


まあ、テレビゲームの販売禁止が表現の自由の侵害だといわれれば、そのとおりだとは思うがねえ。でも、何らかの規制はできないかねえ。。

 米国憲法修正第一条 : 連邦議会は、国教を樹立し、あるいは信教上の自由な行為を禁止する法律、または言論あるいは出版の自由を制限し、または人民が平穏に集会し、また苦痛の救済を求めるため政府に請願する権利を侵す法律を制定してはならない。

スポンサーサイト

[2006/08/29 21:32] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://29ch.blog65.fc2.com/tb.php/234-85fe9876






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。