スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

田口弘さんの本2冊 

訳あって、田口弘氏(現エムアウト社長、元ミスミ社長)の著作を読む。
2冊とも、普遍的な経営理論を語るというより、ミスミを経営していたときに日々実践されていたことをまとめた感じで、テーマはほとんど変わらない。「日本で最高の・・・」の方が後で書かれたということもあって、文章の書き方もこなれていて読みやすいかも。

内容は、ご自身の提唱されている「マーケットアウトビジネス」という思想の解説である。

マーケットアウトビジネスとは、プロダクトアウトビジネスとはまったく逆の発想から生まれた概念です。顧客が本当に求めている商品は何か、心からほしいと感じているサービスは何なのか、市場から聞こえてくるどんな小さな声にも耳を傾け、顧客のニーズを起点として、市場からビジネスをつくりあげていく手法を、私たちはマーケットアウトと定義しています。(エムアウト社HPより

大きな特徴としては次のことが挙げられようか。
・商社のビジネスの発想を、「販売代理店」から「購入代理店」に変えた(=徹底した顧客主義)。
・顧客の声を効果的に吸い上げ柔軟にビジネスを展開すべく、独特の人事制度を導入した(ビジネスリーダーは上からの辞令でなく社員相互の評価で決定する=オープンな人事)。

※個人的な疑問点:まあ、ちょっと今度聞いてみよう
・「マーケットアウト」という発想では、徹底的に顧客の視点にこだわるがゆえに、顧客すら思いもよらなかったまったく新しいビジネスを創造することはできないのではないか?(例えば、ソニーのウォークマン。まあ、そんなことはハナから目指さないというのもひとつの考え方だが。。)
・同じくマーケットアウト発想の限界として、顧客の今あるニーズ(潜在的なものも含め)を出発点とするがゆえ、そのエッセンスが分かりやすいため同業他社にまねされやすく、独占的な地位を築けないのではないか?
・顧客主義を押し通すと、「社員のやりたいこと」が二の次となり、モチベーションを下げることにはならないか。(特にまったく新しいことにチャレンジしようという気概をもった人)

※その他参考になった人生訓
・冷遇されたときは「何もしないで給料がもらえるチャンス」と考え自分磨きに精を出そう。
・自分の欠点を生かす仕事のやり方を見出そう。
・人付き合いが下手=人に合わせることが下手なのは、確固たる自分ができていないから。「ここだけは退けない」というものさえしっかり築いていれば、他は何とでも他人に合わせることができるはずだ。
スポンサーサイト

[2006/09/03 22:24] ブックレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://29ch.blog65.fc2.com/tb.php/238-868c7281






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。