スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日の気になる 

最高裁、「父子」認めず・夫の死後に凍結精子で出産

 夫の死後、凍結保存していた精子で体外受精した西日本の女性が、出産した男児(5)を夫の子と認知するよう求めた訴訟の上告審判決が4日、最高裁第2小法廷(中川了滋裁判長)であった。同小法廷は「民法は父親の死後の妊娠・出産を想定していないことは明らかで、死亡した父との法律上の親子関係は認められない」として、認知を認めた2審判決を破棄、請求を棄却した。原告側の逆転敗訴が確定した。
 同種の訴訟は高裁段階の判断が分かれており、最高裁の判断は初めて。判決は4裁判官の全員一致だった。ただ判決は親子関係を認めるかどうかは「生命倫理や子の福祉、関係者の意識、社会一般の考え方などを多角的に検討し、立法によって解決すべき問題」とも判示。2裁判官は「法整備が必要」との補足意見を付けており、医療技術の発達に対応し
た法整備のあり方を巡る議論を促した。
 判決理由で最高裁小法廷は、父親と死後に体外受精で生まれた子の間に「親権、扶養、相続など基本的な法律関係が生じる余地はない」とした。


法の不備放置に警鐘・凍結精子児訴訟判決
このへんが法律(ルール)の限界で、融通の利かないところで、仕事しててむなしくなるところなんだよな~。
望ましいとわかっていることでも、ルールの枠を飛び越えることができないというジレンマ。
日々悩まされている。

被告と検察、真っ向火花 堀江被告初公判
裁判が始まってもたくましい堀江さんは、腐っても新時代のひとなのかな。少し応援したくなる。過密日程らしいし、論点は複雑だし、裁判官もやりずらかろうなあ。

酒酔い運転はすべて懲戒免職に 埼玉・飯能市
やりすぎでない?むしろ市長には、「酒酔い運転者による摘発が一人でも出た場合には市長を辞任する」と言ってほしかった。こうすれば、自らの飲酒運転許すまじという意気込みをを内外にアピールできるだろう。
まあ、そんなコメントが発表された瞬間、市役所は酒盛り状態になるかもしれないが(笑)。

悪質ケースは事業許可取り消しも 偽装請負で厚労省
退職後の自殺、労災認定・東京地裁
貸金業法改正、特例金利28%に・金融庁案
内部統制ルール、新興上場企業にも適用・金融庁
総務省、著作権登録制を提案・TV番組の再利用促す
スポンサーサイト

[2006/09/05 22:22] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://29ch.blog65.fc2.com/tb.php/243-2f3393ee






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。