スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日の気になる 

「公取調書、株主に見せよ」 株主代表訴訟で東京地裁

「従業員が談合しただけ。経営陣は知らなかった」などと主張しがちな役員たちの責任追及に追い風になりそうだ。命令は1日付。
 訴訟は、同社の株主が取締役らを相手に「従業員の行為を監視し、内部統制システムを構築する義務を負っていたのに怠った」として、約1億6000万円の課徴金相当額の損害賠償金を同社に支払うよう求めている。原告側は、談合の実態や関与者を明らかにし、同社のコンプライアンス体制の欠陥を立証するための文書提出を求めていた。
 公取委側は、「調書を目的外の手続きで開示すれば、供述者などから今後協力を得られなくなる」と主張していたが、市村裁判長は「供述者は、話した内容が決してほかに開示されることはないとの信頼を前提に供述しているとは解されない」と判断。「現段階で調書を開示しても、具体的に公取委の審査業務に著しい支障を生じるおそれがあるとは認められない」と結論づけた。
 談合を追及する住民訴訟でも、最高裁が03年、原告の住民が公取委で審判中の談合事件の記録を閲覧・謄写できる権利を初めて認めている。


そういえば、法務部に配属されて1年あまり、文書提出命令への対応(コピー取り)はしたことないなあ。まあ、勤務先は、コピー作業を現場にやらせているだけかもしれんが。ところで、文書提出の申し立てが認められるためのハードルは高いそうだ(Matimulogより。孫引きで御免なさい・・)

川淵キャプテン「ヒデ無視されていた」

W杯限りで引退した中田氏について「中田は他の選手と交流を持つことができなくなっていた。他の選手から無視されることもあり、どうやって意思疎通を図っていいのか分からないと悩んでいた」と明かした。さらに川淵キャプテンは「中田のやり方はうまい方法ではなかった」とした上で「他の選手たちがおとなしすぎたのも問題点」と指摘した。


こんなこと今更明かすのもどうかなあ。中田さんはどう思うのだろうか。単純に恥ずかしいし、プライドに障るかも。それに、これからビジネスマンになるかもしれない中田さんの、コミュニケーション能力不足を指摘しているわけでしょ?
オシムの件もあるし、川淵さんこそ(特に対パブリックで)コミュニケーション能力に欠ける気がするなあ。これ以外も、いろいろ川淵さんのスキャンダルが出てきてますなあ。ていうか、勤務先の社外取締役がJFAの顧問弁護士(現職ではないかもしれないが)何しとったんじゃ?・・・

日本人起業の創薬ベンチャー、米ナスダック上場へ
自殺者統計の項目見直しへ 警察庁
スポンサーサイト

[2006/09/06 23:37] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://29ch.blog65.fc2.com/tb.php/245-ce077d88






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。