スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日の気になる 

「取材源」証言拒絶は正当、最高裁が初判断
最高裁、取材源秘匿認める・NHK記者の証言拒絶で初判断

 決定は、同小法廷の上田、藤田宙靖、堀籠幸男、那須弘平の4裁判官による全員一致の意見。国民の知る権利を守るために報道が果たす役割を高く評価した内容で、取材源秘匿を理由に証言拒絶が認められる判断基準を最高裁として初めて示した。

 決定はまず、記者の取材源について、「みだりに開示されると、記者と取材源との信頼関係が損なわれ、自由な取材活動ができなくなる」とし、取材源の秘密は「職業の秘密」に当たると判断。その上で、民事裁判で取材源の秘密が保護に値するかどうかは、「報道の内容や社会的意義、取材の態様、取材が妨げられることによって生じる不利益の程度」と、「訴訟の持つ内容や社会的な意義、証言の必要性や代替証拠の有無」を比較して決めるべきだとする判断基準を示した。
 また、決定は、「報道機関の報道は、国民の知る権利に奉仕するもので、報道のための『取材の自由』も憲法の精神に照らして十分尊重に値する」とし、取材の自由を確保するために取材源秘匿は重要な社会的価値を持つとも指摘。〈1〉取材方法が刑罰に触れる〈2〉取材源が開示を承諾している〈3〉社会的意義のある重大な民事裁判で証言を得ることが必要不可欠である――などの特別な事情がないという条件を付けた上で、「原則として取材源に関する証言は拒絶できる」と結論づけた。


●利益衡量
「報道の内容や社会的意義、取材の態様、取材が妨げられることによって生じる不利益の程度」と、「訴訟の持つ内容や社会的な意義、証言の必要性や代替証拠の有無」を比較
●特別事情の斟酌
〈1〉取材方法が刑罰に触れる
〈2〉取材源が開示を承諾している
〈3〉社会的意義のある重大な民事裁判で証言を得ることが必要不可欠である

大阪労働局、「偽装請負」で初の事業停止命令
偽装請負のコラボレート親会社、15年で年商10倍

 事業停止処分を受けた「コラボレート」が属する「クリスタル」グループは、労働者派遣や業務請負で急成長した。バブル崩壊以後の15年間で、年商を10倍近くに伸ばし、売上高が国内だけで5000億円を超える隠れた大企業だ。「コラボレート」が手がける製造請負はその中核部門だったが、「偽装請負」に対する批判の高まりや受注単価の下落により、抜本的な転換を余儀なくされた。


かわいそうに、という感じだ。
派遣が○で請負が×という二分説は概念的なものに過ぎず、現場を見ると曖昧な区別に過ぎないと思う。

企業の資金調達、新株・転換社債が9割増
エクイティ・ファイナンスは、その資金をどう活用したのか、投資家の厳しい目に晒されることにつながる。にもかかわらず急増しているということで、経営者は企業のパフォーマンスに相当な自信を持っているのだろう。
そんななかで業績回復の見えない我が勤務先・・・

千葉県警で任意取り調べ中に暴行か、男性が被害届

<年収格差>同年代社員で平均1.84倍 日能協が企業調査

金融業界、軒並み新卒採用増 事業拡大へ意欲
スポンサーサイト

[2006/10/04 21:38] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://29ch.blog65.fc2.com/tb.php/268-47e6c408






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。