スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

なぜ企業不祥事は、なくならないのか 

なぜ企業不祥事は、なくならないのか―危機に立ち向かうコンプライアンス なぜ企業不祥事は、なくならないのか―危機に立ち向かうコンプライアンス
国広 正、五味 祐子 他 (2005/03)
日本経済新聞社
この商品の詳細を見る

どうでもいい疑問
点「、」の位置が気になる。
俺だったら、「なぜ、企業不祥事はなくならないのか」にするなあ。
以下読書メモ。
コンプラ関係の本の中ではかなりいい出来ではないかと。

●なぜ企業は危機に陥るのか
コンプラは経営姿勢そのものである
経営者には、違法行為をすることについては、リスク・ベネフィット比較を行うことはできない。
「あえて違法行為をする」という選択肢は無い。
 ・ルールを破るということは、ゲームの参加者足り得ないからである。
 ・経営者の権限の一部を委任されている一般社員についても同じことが言える。
 →何かあったら、報告or内部通報を
談合の不合理性
 ・企業ブランドの毀損:税金の無駄遣い企業
 ・制裁が過酷に:課徴金up 刑事訴追の増加←裏を取れるか?
 ・損害賠償訴訟の提起
●危機管理(現に危機に陥ってしまった場合にそこからどう脱するか)
「あってはならない」では駄目 ←完璧なシステムはありえない
 ・もしも、の備えができない
 ・隠蔽の温床になる(何かあっても言い出せない、隠すしかないという雰囲気になってしまう)
 ・問題は隠さずオープンにし、
 ・個人の責任ではなく会社全体の問題として受け止め、
 ・知恵を出し合って解決する。
内部告発者は企業の利益に合致する(福岡高裁020702)
 ・警告を見過ごすと、外部に対する告発が行われ、企業は危機に陥る
 ・内部通報が無いのは、コンプラに本腰ではない、と従業員から信頼されていない証である。
●実践的リスクマネジメント
トップが自分の言葉で語れるか?
 ・「コンプラ」という言葉を使う必要は無い。
 ・「まじめにフェアプレー」「スーパー正直」「間違いは誰にでもあるが、隠すな」
×あれやるなこれやるな
企業の価値観を示す
分かりやすい行動基準を示す
 ・今やろうとしていることを家族に説明できるか
 ・判断に迷う場合には担当部署に相談せよ
研修に工夫:知識→考える・気づくコンプラ
●危機に立ち向かう4原則
①隠さない
 ・自ら公表することで、矛先を事件批判報道のみに限定できる。
  → 憶測報道や隠蔽体質批判など報道の連鎖を避けることができる。
 ・公開すべき問題
  ・製品の安全性
  ・製品表示
  ・環境
  ・投資判断に影響を及ぼす問題
    ※重要事実に該当しないことが明らかである場合を除き、公表すること。
②説明する
 ・謝罪は大事だが、それ以上の事実関係を明らかにすることが大切である。
③決断する
 ・日ごろから企業理念、価値基準が明確になっていないと、
  いざというときに「何を捨てるか」決断することができない。
④闘う
●クレーマー対処:
 ・法律に基づく対応をする
  (一部の人間だけ「金で解決」は一般顧客に対する裏切り)
 ・表沙汰にする

スポンサーサイト

[2006/10/23 22:16] ブックレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://29ch.blog65.fc2.com/tb.php/293-a7b5f4c3






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。