スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日の気になる 

富山の小6が特許取得、全国初

 富山市の小学校6年生、山本良太君(12)が傘の置き忘れをしないよう警告する装置を発明、特許を取得していたことが24日分かった。特許庁によると、小学生の特許取得は初めてという。
 防止装置は電動式で、高さ約70センチ。装置の前を人が通り過ぎるとセンサーが感知し、握りを下にした備え付けのビニール傘をモーターの力で開閉させて、自分の傘を置き忘れしないよう注意を促す仕組み。建物の出入り口に設置されることを想定しているという。

すごい。実物を見てみたいものだ。
特許の維持費用がばかにならないので、この特許の売却を検討するのもいいだろう。話題性を企業に買ってもらい、その企業には責任をもって世に送り出す。WIN-WINでしょ?・・・小学生の夢を壊すようであるが。。。

工場立地規制を緩和・経産省検討

 経済産業省は、工場新設にあたって環境への悪影響を防ぐための基準を定めた「工場立地法」を大幅に緩和する方針だ。工場本体の規模に対しどのくらいの敷地面積が必要か定めた基準の撤廃を検討。敷地内に確保が必要な緑地や運動場などの面積も全国一律の基準をなくし市町村が独自に決める仕組みとする。

ようやく、という感じ。そもそも全国一律で規制してたなんてねえ・・・

四半期会計基準、事業別損益の開示も義務付け
株主からのリストラ要求に待ったは無くなるか
スポンサーサイト

[2006/10/25 21:31] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://29ch.blog65.fc2.com/tb.php/295-01fb97e4






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。