スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日の気になる 

NHKに賠償命じる 番組期待権訴訟で東京高裁

南敏文裁判長は、「NHKは、番組制作担当者の制作方針を離れてまで、国会議員などの発言を必要以上に忖度(そんたく)し、あたりさわりのないように番組を改編した」と指摘。NHKは変更について市民団体側に説明する義務があったのにしなかったとして、NHKに200万円の賠償を命じた。うち100万円については下請け、孫請け制作会社にもNHKと連帯して賠償責任があるとした。
南裁判長はまず、「取材者の言動などにより期待を抱くやむを得ない特段の理由がある場合、編集の自由は一定の制約を受け、取材対象者の番組内容に対する期待と信頼は法的保護に値する」と指摘。一審判決と同様の一般判断を示した。
その上で、孫請け制作会社の「ドキュメンタリージャパン」(DJ)が取材申し入れの際に「番組提案票」を提示した点や、実際の放送内容についてNHKから説明がなかった点を検討。バウネット側が「法廷」をつぶさに追うドキュメンタリー番組になると期待してもやむを得ない特段の事情があったと認定した。
さらに、「バウネットは、当初の説明とは相当かけ離れた内容になることになった点について説明を受けていれば番組から離脱したり善処を申し入れたりできたが、NHKなどが説明義務を果たさなかった結果、これらの手段をとることができなかった」と述べた。



これからの取材のあり方に関するネット上の考察として、
佐々木俊尚 ジャーナリストの視点
「毎日新聞連載「ネット君臨」で考える取材の可視化問題」

がとても参考になる。

最強の勉強法 コマ切れ時間を活用して、セコく学ぶ

勉強というと、机に向かって頭の中で何回も何回も同じ言葉を唱えて、無理やり覚え込むものだという風潮があります。でも、それは長期記憶という点では100%役に立たないことが、脳科学で証明されています。むしろ、ひとつの言葉からいろんなものに連想を広げるほど、記憶は定着されやすくなります。新しいものを覚える場合、脳は既存の記憶のネットワークを利用しようとします。言葉から受けるイメージを映像化して、以前見たものに似ているとか、正反対だとか、語呂合わせもそうですよね。そうやって関連することを思い浮かべれば思い浮かべるほど、強固な記憶として定着します。


関連付け。僕の場合は「なぜそうなるのか」、理由が明確になっていると覚えやすい。一番覚えられないのが会社の慣習。「伝統だから」と思考停止を強いられるとツライ。自分なりに一生懸命「なぜこの仕事はこのような手順で行うことを強いられるのか」を考えてます。

保険「特約」支払い漏れ、対策急ぐ・大手生保

1回の手続きで主契約と特約の請求ができるよう書類を変えたり、顧客に契約の内容を知らせる冊子を配ったりしている。

支払「漏れ」というよりは、支払わなくてもいい状況を故意に作り出しているようにしか見えないなあ・・・

違法サイト利用者の約8割は「罪悪感を持っていない」--RIAJ調べ

全体の74.0%が違法サイトについて認知し、35.5%が利用していることがわかった。年代別にみると、特に12~15歳の利用率が64.5%で、若年層の利用率が極めて高い結果となった。
続いて、「違法サイトへの音楽のアップロード経験があるか」の問いに対し、全体の18%が「ある」と回答。そのうちの33%が12~15歳、21%が16~19歳と、10代が過半数を占める結果となった。

これに関連して、
違法「着うた」サイト増殖にみる日本のコンテンツの危機【コラム】

楽配信市場が約500億円であるのに対し、新たな流通経路である携帯電話での違法配信サイトが300億円規模にまで達している可能性がある

野放し状態の違法音楽DLサイトに加え、CDレンタル、貸本、コンテンツ業界の構造問題など、日本はコンテンツを創り出すクリエイターに十分なインセンティブを与える仕組みになっていない、という主張。
言われてみると確かに、ゲームやアニメ、音楽業界に属する人の収入は、ごく一部の例外を除き、総じて低いように思う。メディアに搾取されっぱなしというか。それに追い討ちをかけるのが、デジタルコンテンツの違法コピー問題。泣きっ面に蜂だわな。
しかし、状況改善を制度的に後押しするのは凄く難しい気がする。やっぱまずは教育かなあ。無許諾での複製は悪いことだと認識させないと。でもこれはとても時間がかかる方法だ。また、違法にコピーされたコンテンツを使用することのニーズ自体を叩き潰すため、事業者に加えて個人を厳しく取り締まること必要があると思われるが、取り締まり強化というのもまたコストがかかる。ん~、何か手詰まり感・・・
で、こんなニュースを知ったときは、もう脱力するしかないね。笑う力も抜けるよ。。

知財研が海外派遣の明大元助教授、論文盗用で懲戒免職

経済産業省所管の財団法人、知的財産研究所は29日、「著作権」などの研究のために特許庁の委託事業で在外派遣していた研究者が期間中に無断帰国したうえ、成果論文の一部を他人の論文から盗用していたと発表した。



ユーチューブ、ビデオの著作権者に収入を分配するシステム導入を計画

この仕組みがうまく機能するためには、毎日1億件も投稿されるビデオをYouTubeが事前にチェックすることが必要となる。YouTubeでは本来、投稿ビデオを事前検閲しないという方針を取っており、・・・YouTubeの成功にはこういう姿勢が一役買っていたことを考えると、今回の動きは興味深いものがある。


YouTubeが今の携帯を保ちつつ、著作権者に報いることが可能なのかしらん?google先生の動画検索技術が一役買うことになるのかしら?

ドコモ、携帯向けの検索連動型広告に参入

会社のビジョンや戦略の共有、社員のモチベーション向上に貢献
スポンサーサイト

[2007/01/30 00:02] 日々考察 | TB(1) | CM(1)

ヨガ・ピラティス

ヨガ・ピラティスを探すなら http://www.bigwatersrealty.com/101070/407916/
[2008/09/21 22:07] unknown [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://29ch.blog65.fc2.com/tb.php/383-bf8aad73


ドキュメンタリージャパン株式会社 ドキュメンタリージャパンはテレビ番組の制作を中心とする制作プロダクションである。制作プロダクションから独立したプロデューサーの橋本佳子、フリーで活動していたディレクターの河村治彦、広瀬涼二、フリーで活動していたテレビカメ
[2007/10/06 10:38] URL 東京企業6




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。