スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドキュメント裁判官 

自分は企業法務部員のくせに裁判官の友達がいない。
弁護士の知り合いもほとんどいない。
というわけで、危機感を感じ、本書を手に取った。

改めて、法律や裁判、そして裁判官に多くを期待してはいけない、
ということがよくわかった。
裁判官は確かに優秀かもしれない。
でも彼らもサラリーマン。
配属への不満、上司の愚痴、
自分の仕事に対する自身のなさ、過労、単身赴任、、
そういったおなじみでいかんともしがたい現実の中で、
判決を下したり和解を勧めたりするわけで。

そんな、自分とほとんど変わらないかもしれない裁判官に、
運命を変えてしまう可能性のある判決を下してもらうというのは、
やっぱり怖い気がしない?

というわけで、契約書はちゃんと書いて後でもめないようにしよう。
法律違反はしないでおこう。

スポンサーサイト

[2006/05/08 21:05] ブックレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://29ch.blog65.fc2.com/tb.php/72-913f77f5






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。