スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日の気になる2 

中国、M&A規定改定・証監会が不正防止策

【上海=川瀬憲司】中国証券監督管理委員会(証監会)は23日、上場企業のM&A(合併・買収)に関する規定を大幅に改定する方針を明らかにした。買収側の資格要件を設定するなど不正防止策を盛り込んだほか、株式交換による買収も認める。市場で取引されない「非流通株」の解消が進み、自由に売り買いできる株式が増えるなか、一定のルールに
のっとった上場企業の再編を促す狙いとみられる。

 証監会は同日、2002年に施行した「上場企業買収管理弁法」を改正した草案を公表した。31日まで意見を求めたうえで施行する見通し。 (07:02)



米国、排出権の取引急増・今月、半月で昨年分超す 

米国で今月に入り温暖化ガスの排出権取引が急増している。シカゴ・クライメート取引所の取引高は、今月前半だけで昨年1年分を大きく上回る活況になった。中国企業が初めて会員になったほか森林関連企業も参加。流動性の拡大に弾みがつき、排出権取得を求める企業のニーズに応え始めている。

 今月1日から15日までの取引高は243万5400メトリックトンで、昨年の1年分(144万6800メトリックトン)より7割も多かった。4月の1カ月分と比べても2倍以上で、4カ月連続の過去最高更新になる。 (07:02)



排出権取引って、京都議定書を骨抜きにするよな。
排出権を売却した方が上限を守らなかったらどうするんだ?


スポンサーサイト

[2006/05/25 23:30] 日々考察 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://29ch.blog65.fc2.com/tb.php/98-65db8e2f






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。